東洋紡子会社,ディスプレー向けフレキシブル基板工場が竣工

東洋紡の子会社で,高耐熱性ポリイミドフィルム「ゼノマックス®」を生産・販売する「ゼノマックスジャパン」の本社工場が2018年10月に完成し,12月17日に竣工式を開催した(ニュースリリース)。

ゼノマックスジャパンは,東洋紡が長瀬産業との合弁により,2018年4月に設立した。「ゼノマックス®」は,これまでコーポレート研究所内の生産設備で製造してきたが,ゼノマックスジャパンの設立に伴い,生産設備を新設し,同年10月より操業を開始した。

今後,ゼノマックスジャパンは電子ペーパーディスプレー向けTFT基板材の需要増に対応するとともに,「薄い」「軽い」「割れない」「曲がる」といったフィルムの特性を生かし,フレキシブルな有機ELディスプレーや各種センサー,さらにはマイクロLEDといった次世代ディスプレー用途での展開を図る。

ゼノマックスジャパン本社工場は,延床面積が約4,300m2,鉄骨構造,2階建(一部5階建),投資額は約30億円。

「ゼノマックス®」は,室温から500℃まで熱膨張係数が約3ppm/℃と一定で,ポリマーフィルムとして世界最高レベルの寸法安定性を持つ高耐熱性ポリイミドフィルム。従来のポリイミドフィルムでは不可能だったガラス基板と同等の高い寸法安定性を実現した。400~500℃の高温下で加工が必要なTFTの回路基板向けに使用することができる。

その他関連ニュース

  • 浜ホト,光半導体・X線デバイス工場を建設 2019年06月21日
  • 市光工業,厚木に自動車用ランプ工場を竣工 2019年06月04日
  • リコー,レーザーHUDの量産ラインを構築 2019年06月03日
  • 富士フイルム,AI/IoT活用の内視鏡工場を建設 2019年05月29日
  • スタンレー電気,開発・製造施設に設備投資 2019年05月14日
  • ウシオ,投影露光装置の生産能力を増強 2019年05月10日
  • JOLED,有機ELディスプレーの後工程構築開始 2019年04月09日
  • アマダ,レーザー発振器等の基幹モジュール工場を新設 2018年12月27日