オーテックス,LED波長可変照明の取り扱いを開始

オーテックスはスペインのLED照明メーカー,Ledmotiveの製品取り扱いを開始した(製品ページ)。

このLED波長可変照明は,今後ますます重要になる人間中心照明(Human Centric Lighting)を実現するために,波長の異なるLEDを複数搭載し,白色光または各波長を任意の波長バランスで光源の設定をすることができる。内蔵するCMOSベースの分光放射照度計と独自技術のオプティカルループにより高い波長精度と長時間安定性を確保し,再現性にも優れるという。

製品ラインナップとして,ラボ用据え置き型光源「Spectra Tune Lab」と,ダウンライト型照明「Spectra Tune HCL」「Spectra Tune 7!」の3種を取り揃える。いずれもウオームアップの必要がなく,光量を0%から100%で調整できる。また,7~10個のLEDを搭載し,各LEDはそれぞれ12ビット(4096ステップ)での出力調整が可能となっている。

このうち,ラボ用据え置き型光源の「Spectra Tune Lab」は,波長の異なる10種のLEDを使用(最大12種搭載可能)。同期モードでは250msecで波長バランスが切り替わる(オプション非同期モードで平均10msec)。最大光量は3360 lmとなっている。

ダウンライト型照明の「Spectra Tune HCL」も,同じく10種の波長の異なるLEDを搭載する。プログラムされたスペクトルのシーケンスを繰り返し流し続けることができ,最大光量は1950 lmとなっている。1つのライトハブで256灯まで制御できるため,病院や職場の照明に適している。同じくダウンライト型照明の「Spectra Tune 7!」は,7種の異なる波長のLEDを使用。最大光量は3569 lmとなっている。

その他関連ニュース

  • パナ,赤外線照明ネットワークカメラ2機種を発売 2019年02月19日
  • ローム,表示パネル用長寿命白色LEDを開発 2019年02月12日
  • 東北大ら,深紫外発光素子の高効率動作構造を解明 2019年02月01日
  • 横国大ら,新生児用ウェアラブル黄疸センサーを開発 2019年01月29日
  • マツダ,ALHで経済産業大臣賞を受賞 2019年01月21日
  • 医科歯科大ら,光刺激が体内時計を形成する仕組みを解明 2019年01月21日
  • ウシオ,出力160mWのブロードバンドLEDを開発 2019年01月16日
  • 三菱マテ,車載LED向け高放熱性基板を開発 2019年01月09日