ニコン,米Velodyne LiDAR社へ出資

ニコンは,自動運転の基盤技術であるLiDAR(LightDetectionandRanging)センサーの代表的な開発・製造企業である米VelodyneLiDAR,Inc.(Velodyne)へ,25万USドルの出資を実施したと発表した(ニュースリリース)。

ニコンの光学技術および精密技術と,VelodyneのLiDARセンサー技術の融合を目指し,両社は技術開発および製造での協業を含めた,幅広い多角的なビジネスアライアンスの検討を開始した。

Velodyneは,本社はカリフォルニア州にあり,CEOはデビッド・ホール。設立は2015年12月で,資本金は4,620ドル,従業員は約550名。

その他関連ニュース

  • Cepton,自動車向けLiDAR 2種を発表 2019年01月09日
  • 2018年,自動車向けLiDAR出荷数は1万個 2019年01月08日
  • 三井不動産ら, 自動搬送システムの開発に着手 2018年12月27日
  • パイオニアと海洋大,LiDARを活用した船舶の共同研究 2018年12月26日
  • ToFセンサー市場,2025年に1,028億円に 2018年12月25日
  • コーニング,ウェーブオプティクスとAR光学部品で提携 2018年12月19日
  • 2018年度国内AGV市場規模,前年度比106.0%の147億8,200万円 2018年12月17日
  • パイオニア,上場を廃止し海外ファンド傘下へ 2018年12月12日