三井不動産ら, 自動搬送システムの開発に着手

三井不動産と大林組は,建設現場における生産性の向上を図るため,共同で資材等の自動搬送システムの開発に着手した(ニュースリリース)。

現在,試作機の製作および動作確認が完了し,2019年より三井不動産が建築主で大林組が施工する千葉県船橋市の三井不動産ロジスティクスパーク船橋Ⅱ新築工事において実証実験を予定している。

建設現場では,少子高齢化に伴う建設作業員の減少を見据えた対応が課題となっている。大林組は作業員が技能や熟練を必要とする加工・取付け作業に集中できるように資材搬送作業の自動化を進めてきた。

三井不動産もまちづくりを担う立場として,この課題に工事施工者と協力して取り組む必要があると考えており,建設現場の省人化に寄与するロボットの開発と建設現場への導入を推進する中で,今回の2社共同開発にいたったという。

同システムは,大林組が開発した低床式AGV(AutoGuidedVehicle)をベースに,各種機能を加え開発。機能の主な特長は,(1)AGVが資材ヤードで資材を自動探索し,資材を自動積載・荷下(2)オペレータと交信することでAGV自ら仮設エレベータを呼出し,建物内の上下移動を実現(3)仮設エレベーターへの自動乗降などがある。また(1)と(2)の機能と合わせることで建設現場内を自動で走行し,資材を搬送するシステムを実現する。

このうち(1)については,具体的に下記のような特長がある。
・形状と色を統一した専用パレットに資材を積載する
・パレット探索用とパレット識別用の2つのカメラを用いて専用パレットを認識
・パレット探索用カメラは収納式で,資材ヤードで専用パレットを探すときにだけ立ち上げて使用
・パレット識別用カメラは専用パレットの側面部に添付した二次元マーカーを読み取り,目的の資材を識別
・自動で識別した資材パレットの下に潜り込み,荷物を積載,レーザーセンサーによって周囲環境と自己位置を認識し資材ヤードから資材の目的地まで搬送し,目的地にて荷下
・従来の自動運転で必要であった,誘導線や磁気テープによる軌道の設定が不要

三井不動産は今後,同システムの開発を進め,オフィスビルや物流倉庫等の新築案件での標準採用を目指すとともに,同システムの技術を活用して,ゴミの自動搬送など竣工稼働後の建物での応用も検討していく。大林組は,同システムの開発を通じて得られたノウハウを生かし,高層ビルなど大規模新築工事での夜間自動搬送の実現により,さらなる省人化を目指していくとしている。

その他関連ニュース

  • ams,光学距離測定/3Dスキャン向けTDCを発売 2019年03月13日
  • 日立,LiDARのリテール向けモデルを発売 2019年03月04日
  • ALANコンソーシアム,新たなプロジェクトを発表 2019年02月21日
  • 三菱電機,悪天候対応の車載センシング技術を開発 2019年02月19日
  • 慶応ら,軟性内視鏡手術システムを開発 2019年02月08日
  • 国土交通省ら,陸上・水中レーザードローンを開発 2019年02月04日
  • 市大,視覚障がい者向け杖装置を検証 2019年01月30日
  • リンクス,ロボットピッキング統合パッケージを発売 2019年01月16日