産総研と東大,AIチップ開発拠点を設立


産業技術総合研究所(産総研)と東京大学大規模集積システム設計教育研究センター(東京大学 VDEC)は,わが国の革新的なAIチップ開発を加速するための「AIチップ設計拠点」を,東京大学 武田先端知ビルに構築した(ニュースリリース)。

半導体集積回路の微細化は物理的な限界に近づいており,エネルギー消費の増大が極めて大きな課題となってきている。これらの課題を解決するためには,省エネルギーで効率的にAIを動作させる半導体集積回路・デバイス(AIチップ)の開発が必要不可欠であり,世界的にもAIチップの開発競争が激化している。

日本国内においては多くの中小・ベンチャー企業などが台頭し,AIチップの開発に名乗りを上げている。しかしながら,AIチップの開発には,極めて高価なEDAツールやエミュレーターが必要なことに加えて,AIのアイデアからAIチップを作り上げるまでにはさまざまな壁が存在している。

産総研および東京大学は協力して,国内中小・ベンチャー企業などのAIチップ開発を加速するために,AIチップ開発に必要なさまざまな機能をオンサイト,もしくは遠隔からでも利用できる環境を提供する「AIチップ設計拠点」を設置した。それに併せ,企業から人材をを産総研に招聘した。

また,産総研と東京大学は,経済産業省「産業技術実用化開発事業費補助金(AIチップ開発加速のための検証環境整備事業)」(METI事業),およびNEDO「AI チップ開発加速のためのイノベーション推進事業/研究開発項目②:AI チップ開発を加速する共通基盤技術の開発」(NEDO事業)に共同で提案し,採択された。

この拠点は,METI事業やNEDO事業を活用して最先端のEDAツールと大規模論理検証装置を導入し,AIチップ設計・検証環境を整備するとともにエミュレーターを組み込んだ設計フローとツールチェーンを提供する。

また,AIチップ開発未経験の企業が開発の参考にできるリファレンスデザインやセンサー機能を組み込んだAIチップ開発のためのセンサーデバイスモデル,AIチップを国内の半導体製造拠点(FAB)で試作する際に必要不可欠なライブラリーといった設計基盤を開発し,拠点を利用する中小・ベンチャー企業などに提供する。また同時に,人材育成も実施していく。

予約ウェブサイトは平成31年3月頃,施設利用は4月以降に可能となる。この拠点を中心として,産総研AI関連の研究ユニットとの連携,東京大学VDECが長年培ってきた人材育成教育メニュー,半導体関連企業やベンチャーキャピタルとの協力によるエコシステムの構築が期待できるという。これらにより,国際競争力の高い日本発のAIチップの創出を後押しするとしている。

その他関連ニュース

  • 半導体前工程装置市場,2019年に減少も2020年は過去最高へ 2019年03月14日
  • PSFSら,プラズマダイシング向けレジスト塗布法を開発 2019年03月13日
  • 東大,ニューラルネットワークに視覚野を転写 2019年03月11日
  • オリンパスと慈恵医大,顕微授精のAI研究を開始 2019年03月08日
  • オリンパスら,AI向け内視鏡画像データを効率的に作成 2019年03月07日
  • オリンパス,国内初の内視鏡用AIを発売 2019年02月25日
  • 200mmファブの世界生産,2022年までに70万枚増加 2019年02月13日
  • NEC,一部見えない人物でも照合可能な技術を開発 2019年02月07日