クラレ,テレスコープアレイ実験で東大より表彰

クラレは,12月19日,東京大学宇宙線研究所主催の「テレスコープアレイ実験10周年記念式典」で,テレスコープアレイ実験の発展に貢献したことによる表彰を受けた(ニュースリリース)。

同社は,東京大学宇宙線研究所が行なうテレスコープアレイ実験に,放射線検出用素材「PSF(プラスチックシンチレーションファイバー)」を多年に渡り提供してきた。今回の表彰は,高品質なPSFを安定・継続的に供給し,テレスコープアレイ実験の発展に貢献したことが評価されたもの。

テレスコープアレイ(Telescope Array)実験とは,日米露韓・ベルギー・チェコの国際共同実験。米国ユタ州の荒野に観測装置を設置し,10の20乗電子ボルトを超える最高エネルギーの宇宙線を観測している。

放射線検出用素材「PSF」は,1980年代に当社独自の製法で放射線検出用素材として開発した,プラスチック製光ファイバーの一種。内側が蛍光剤入りのポリスチレン樹脂,外側がメタクリル系樹脂の多重構造で,放射線が当たると光る性質を備えている。宇宙線を含む放射線検出用素材のデファクトスタンダードとして,ニュートリノやクォークの研究に使用され,ヒッグス粒子の発見にも貢献した。

この素材は,宇宙物理学のトレンドであるダークマター(暗黒物質)の検出用素材としても活用が見込まれているという。また,日立GEニュークリア・エナジー開発の放射性物質による汚染状況を把握する,ガンマ線空間線量当量率測定システム「D-phod(ディー・フォッド)」にも採用されている。

その他関連ニュース

  • 量研ら,レーザーで高品質の陽子線を発生 2019年01月10日
  • NTTらの起草した通信装置のソフトエラー対策が国際標準化 2018年11月27日
  • オリンパス社員,顕微鏡加工法で黄綬褒章を受章 2018年11月05日
  • 東北大ら,粒子線治療リアルタイムモニターを開発 2018年10月24日
  • 岡野電線,UL対応高屈曲極細径LANケーブルを発売 2018年10月16日
  • NICTら,Φ0.16mm・4コア・3モードファイバで1.2Pb/s伝送 2018年10月12日
  • 2018年度「C&C賞」に,西森秀稔氏とチン W. タン氏 2018年10月10日
  • 原研ら,シンチレーターの光出力を決める仕組みを解明 2018年08月31日