オンセミと3M,自動運転技術の向上について協業

米オン・セミコンダクター(オンセミ)と,米3Mは,自動車と道路インフラ間のコミュニケーションを向上するために協業することを共同発表した(ニュースリリース)。

オンセミと3Mは,数十年にわたるイメージセンシング技術と道路安全の実績を組み合わせ,自動運転機能を装備した自動車用のナビゲーションの向上を支援する。

ネバダ州ラスベガスで開催されているCES 2019の期間中,両社はデジタルで実現される3Mの次世代Smart Code標識テクノロジーを統合した,オンセミの「AR0234AT CMOS」イメージセンサーを,オンセミのデモルームで展示する。両社は,この協業を通して,コネクティッドカーと自動運転の技術の進展を促すための,次世代インフラ・ソリューションへの進歩が加速することを期待するとしている。

3Mの先進のマテリアル・テクノロジと連携することでオンセミのセンサーは,強化されたインフラから追加情報を届けられるようになり,従来の先進運転支援システム(ADAS)よりも高いレベルでドライバーを支援し,自律運転への道を切り開くという。

直近では,3Mはミシガン交通局と提携し,米国で初めてとなるコネクティッド・ワークゾーンを主導している。I-75(州間高速道路75号線)近代化プロジェクトは,I-75の3マイルを路車間通信のテストができる技術を装備するように作り変えたとする。

その他関連ニュース

  • KDDIら,5G活用の遠隔監視型自動運転を実施 2019年02月07日
  • ヴァレオとモービルアイ,自動運転の安全性評価で協力 2019年01月10日
  • Cepton,自動車向けLiDAR 2種を発表 2019年01月09日
  • 2018年,自動車向けLiDAR出荷数は1万個 2019年01月08日
  • ソニー,フリッカーを抑制した車載向け高精細CMOSを発売 2018年12月19日
  • 2030年,自動車向けカメラモジュール生産量は5倍に 2018年12月19日
  • オンセミ,経営戦略とイメージセンサー新製品を発表 2018年12月12日
  • オムロン,駅業務における自動巡回ロボットの実験を開始 2018年11月26日