Cepton,自動車向けLiDAR 2種を発表

米Cepton Technologies,Inc.は,新しいLiDAR製品として「Vista-M」と「Vista-X」の2種類を発表した(ニュースリリース)。

同社の特許取得済み技術である「Micro-Motion Technology」(MMTTM)を採用したVistaシリーズのLiDARソリューションは,NVIDIA DRIVEの車載用AIコンピューティングプラットフォーム上で動作し,高解像度で長距離のイメージ生成によって多様なレベルの自動運転アプリケーションを実現するという。

「Vista-M LiDAR」は,クレヨンの箱程度の大きさのセンサーで,120度の視野角(FOV)と150mの検出距離を測ることができる。コンパクトなデザインにより,自動車のヘッドランプ,テールランプ,サイドミラーへLiDAR統合ができ,設計者はより自由にインテリジェンスと自律走行機能を車両のデザインに組み込むことが可能だとする。

「Vista-X LiDAR」は,120度の視野角にある反射率10%の物体を200mという長距離から検出可能。より広い範囲での物体の検出,追跡,位置特定をすることができる。視野角全体にわたって均一な0.2度の空間分解能により,走行時の視野角構成の複雑化と安全リスクが解消され,Vista-Xを車の前部,後部,あるいは車内に統合する柔軟なデザインができるという。

同社は自動運転車の急速な普及に向け,Tier-1サプライヤーおよび製造パートナーとのVistaシリーズ量産も想定しているとしている。

その他関連ニュース

  • ヴァレオとモービルアイ,自動運転の安全性評価で協力 2019年01月10日
  • オンセミと3M,自動運転技術の向上について協業 2019年01月09日
  • 2018年,自動車向けLiDAR出荷数は1万個 2019年01月08日
  • 三井不動産ら, 自動搬送システムの開発に着手 2018年12月27日
  • パイオニアと海洋大,LiDARを活用した船舶の共同研究 2018年12月26日
  • ニコン,米Velodyne LiDAR社へ出資 2018年12月25日
  • ToFセンサー市場,2025年に1,028億円に 2018年12月25日
  • ソニー,フリッカーを抑制した車載向け高精細CMOSを発売 2018年12月19日