ams,スマホ向け11chスペクトルセンサーを発売

オーストリアamsは,ラボラトリーグレードのマルチチャンネル型色分析機能をポータブルおよびモバイルデバイスにできる,小型スペクトルセンサーチップ「AS7341」を発表した(ニュースリリース)。

この製品は,競合するセンサーより高精度なスペクトル測定を,より広範な照明条件で実現するというもの。11種類の測定チャンネルを提供するデバイスとしては最も小型なため,携帯電話や携帯型デバイスへ容易に搭載でき,コンシューマ向けの他のマルチチャンネル型スペクトルセンサーよりも高い光感度を実現したとする。

正確なスペクトル測定を通じて,自動ホワイトバランスの改善,より信頼性の高い光源検出,フリッカ検出の統合が可能になる。この技術は,色をより正確に再現して周囲光源の歪みを最小限に抑え,より鮮明で明瞭,かつ原色に近い写真を実現するという。また,モバイルデバイスからパントンカラーシステムといった色参照を用いる生地などの対象と色校正もできる。

米Variableはこの製品を採用することで,プロフェッショナルレベルでのソリッドカラーの色測定を,消費者向けの価格で実現した。同製品は400nmから700nmにまたがり高度に再現可能なスペクトル曲線データを10nm単位で提供する。これはVariableの従来製品である,10倍以上の価格のプロ仕様の分光光度計でしか得られなかった性能だとする。

新製品は小型で,3.1×2.0x1.0mmのLGAパッケージに収められている。光源の直接測定,または反射面の測定におけるスペクトル特性を11チャンネルで測定する。8チャンネルが可視光スペクトル範囲を8等分に網羅。その他に赤外線チャンネル,クリアチャンネル,および50Hz~1kHzの周波数における標準的な周囲光のフリッカ検出専用チャンネルを備える。

また,カメラ画像の最適化以外にも,物体や液体の一般的な色測定や肌の調子の測定など,様々なアプリケーションにも対応できるとしている。

その他関連ニュース

  • 京産大,新星爆発を高分散・線偏光分光観測で解明 2019年02月15日
  • 東大ら,厚さ5µmの組立式半導体センサーチップを開発 2019年02月14日
  • JAMSTECら,テラヘルツ波で炭酸塩鉱物を定量 2019年02月08日
  • 府大,バブルとレーザーで超微量のタンパク質を検出 2019年02月04日
  • 日本レーザー,Photon Controlと代理店契約を締結 2019年01月31日
  • 東大,ポリマー結晶性複合体で水素イオンを高速伝導 2019年01月30日
  • 東大ら,強誘電ドメイン壁の構造をカメラで可視化 2019年01月25日
  • NIMSら,機械学習で熱放射多層膜を設計し実証に成功 2019年01月23日