和歌山工技センター,アップコンフィルムを開発

和歌山県工業技術センターは,空気中でも安定して「低いエネルギーの光」を「高いエネルギーの光」に変換する「光アップコンバージョン」フィルムを開発し,特許を取得した(ニュースリリース)。

これまでにも「光アップコンバージョン」という現象は報告されていたが,一般的には,液体中や半固体など空気に触れない状況下で起こる現象だったため,実用化が難しい技術だった。

今回,同センターはポリビニルアルコールフィルム中に「光アップコンバージョン現象を起こす材料」を閉じ込め,独自の技術でフィルムを伸ばすことにより,空気中でも安定して光アップコンバージョン現象を起こすフィルムの開発に成功した。

同センターは,この研究は大面積化が可能なことに加え大気中で容易に作製が可能であり,将来的には太陽電池や省エネフィルムなどへの応用が期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 名大ら,神経活動を操作するファイバーレス技術を開発 2019年01月23日
  • 東芝,Cu2O太陽電池の透明化に成功 2019年01月21日
  • NEDOら,CIS系太陽電池で変換効率を更新 2019年01月17日
  • 花王ら,液相法による中間バンド型太陽電池の作製に成功 2019年01月15日
  • 名大,太陽電池の高性能化材料を開発 2018年12月26日
  • 筑波大ら,太陽光の効率的なアップコンバージョン過程を解明 2018年11月16日
  • 工繊,低温ガラスの水滴凍結抑制を解明 2018年11月15日
  • ⽇板,太陽電池パネル⽤ガラスの⽶⼯場増設地を決定 2018年10月24日