NEC通信,製造現場向けマーカー測位技術を開発

NEC通信システムは,製造業等の工場内の資材・仕掛品・完成品の保管位置を高精度に測位する「マーカー測位技術」を開発した(ニュースリリース)。

製造業の工場等の現場では,多数の資材・仕掛品・完成品が,屋内外を問わず広大な敷地のさまざまな場所で保管されており,目的の物を探す作業に膨大な時間を要している。また,資材等の位置を管理する従来のシステムでは,屋内ではビーコン方式,屋外ではGPSの電波を用いた方式を用いることが多く,10m程度の誤差が発生するため,正確な位置管理ができなかった。

特に屋内では,特殊なビーコン装置を多数配置する必要があるだけでなく,電池交換をはじめメンテナンスに手間がかかるという問題があった。また,位置測位精度が粗く,資材運搬を自動認識することは難しく,追加の手動操作が必要だった。

開発した技術は,資材保管時に壁面や柱に付けた基準点マーカーと資材に付けた資材マーカーをカメラで撮影することで,資材の保管地点を記録する。搬出時には,基準点マーカーとカメラの位置と姿勢(角度)から,資材マーカーの位置を相対的に求めることで,資材の位置を1m以内で推定できるとすする。

また,マーカーを撮影した映像をもとに位置測位を行なうため,資材の保管や移動・撤去を一連の流れとして捉えることができ,資材の動きを自動的に監視することが可能となるという。

マーカーは紙状媒体で,壁面や柱,資材に付け,カメラで撮影し位置を推定するため,ビーコン等電波方式では必要であった特殊な装置が不要で取り扱いが容易。さらに,電池交換といったメンテナンスも不要なため保守性に優れている。

風雨に耐えられる媒体のマーカーを使用することで,屋外でも位置の推定が可能。屋内外で異なる位置測位装置(ビーコン,GPS等)を用意することが不要になるため,屋内外の資材管理を一元的に行なえるとする。

この技術は,資材監視ソリューションを強化するだけでなく,位置情報を利用するさまざまな分野へ応用できる要素技術だとし,今後,この技術を幅広い業種・業態へ展開していくとしている。

その他関連ニュース

  • 凸版ら,ZETA対応「IoTカメラ」を開発 2019年05月09日
  • 三菱重工,自動運転消防ロボットを開発 2019年03月27日
  • カシオ,可視光通信による測位システムを発売 2019年03月19日
  • 新日本無線,反射型回転・位置検出用センサーを発売 2018年12月19日
  • 富士通フロンテック,低照度で稼働する太陽電池センサービーコンを開発 2018年05月15日
  • 早大ら,手のひらサイズコンプトンカメラを開発 2016年11月02日