筑波大ら,ラクトトリペプチドの脳活性化効果を赤外線で解明

筑波大学は,アサヒグループホールディングスと共同で,発酵乳から見つかった「ラクトトリペプチド」が脳の活性化に効果的であることを,近赤外線分光法を用いて明らかにした(ニュースリリース)。

ラクトトリペプチドは,血管を若返らせることも知られており,これまでに研究グループはラクトトリペプチドを摂取することで高めの血圧を下げることや,ラクトトリペプチド摂取と運動習慣を組み合わせることで,血管内皮機能が改善されることを明らかにしてきた。

今回,研究グループは,血管内皮機能や脳血流を改善させるラクトトリペプチドに着目し,中高齢者の脳活性化に効果的か否かを運動習慣の有無とともに検証した。

具体的には,明らかな疾患のない中高齢者64名を「サプリメント群」と「サプリメントと運動を併用する運動+サプリメント群」に分けた。どちらの群も全員サプリメントを毎日摂取させたが,それぞれの群の半数にはラクトトリペプチドを,残りの半数にはプラセボという効果のないサプリメントを8週間摂取させた。

その後,サプリメント群は普段と変わらない生活を送ってもらい,運動+サプリメント群は大学にて30~45分間のフィットネスバイク(自転車運動)やウォーキング(歩行運動)を行なう運動教室に週4~6日参加させた。

脳の活性化を評価するために,機能的近赤外線分光法(functional near-infrared spectroscopy: fNIRS)を用いて前頭前野の脳酸素化ヘモグロビン濃度の変化を測定した。また,認知機能の評価には,注意選択機能や遂行機能などの実行機能を評価する認知課題の一つであるストループ課題を実施した。

これらの測定項目を8週間の研究期間の前後で比較した結果,サプリメント群および運動+サプリメント群ともに,プラセボを摂取したグループと比較して,ラクトトリペプチドを摂取したグループでは左右の前頭前野の脳活性化が向上することが明らかになった。

さらに,ラクトトリペプチド摂取による左前頭前野の脳活性化の上昇が認知機能の向上と関連することが認められた。これらのことから,運動習慣の有無にかかわらずラクトトリペプチドを継続的に摂取することで,脳が活性化され,認知機能向上につながる可能性が示されたという。

研究グループは,今回の研究により,認知症発症リスクが高いとされている糖尿病患者,高血圧患者,ならびに軽度認知障害患者などにおけるラクトトリペプチド摂取の効果も期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 理研ら,VRと二光子顕微鏡で脳内地図を観察 2020年07月08日
  • 徳島大ら,テラヘルツ・コムによるガス分光に成功 2020年05月27日
  • 北大,光免疫療法の光化学反応過程を解明 2020年05月26日
  • 愛媛大,超分子キラリティのキラル分光法を開拓 2020年05月22日
  • 理研,光遺伝学などで脳領域「前障」の機能解明 2020年05月13日
  • 凸版,脳活動計測による消費行動調査を提供 2020年04月01日
  • 理科大ら,蛍光体の光エネルギー変換効率を測定 2020年02月18日
  • 千代田電子,赤外線果実非破壊測定器を発売 2020年01月15日