TI,ADB向けDLPチップセットを発売

米テキサスインスツルメンツ(TI)は,高解像度ヘッドライト・システム向け「DLP5531-Q1」チップセットを発売した(ニュースリリース)。

このチップセットにより,ADB技術による自動車のヘッドライトの細かな制御が可能となり,自動車メーカーやティア1サプライヤはそれぞれのヘッドライトで100万以上のピクセルを個別に制御できるようになる。

DLPチップセットは,アルミニウム製のデジタル・マイクロミラー・デバイス(DMD)を中心に構成される。DMDには,数十万または数百万の個別に制御されたマイクロミラーが格納されている。それぞれのミラーを動かすことで入射光の反射方向を決める。

DMDは動作周波数が高くピクセルサイズが小さいため,高速な動作と低いシステムレイテンシーを実現する。この結果,自動車メーカーは道路を照射する光をさらに細かく制御でき,ドライバーの視認性を高めるヘッドランプシステムが構築できる。

この製品は,LEDや蛍光体を介したレーザー,レーザーによる直接光源など,あらゆる光源と連携でき,既存の配光可能ヘッドランプ(ADB)ソリューションよりも消費電力の少ない,小型でスタイリッシュなレンズを使用するように設計できる。さらに,暗い状況での観察距離や視認性を高めるために光線を高度に制御できるという。

現行のADBは,ランプの個々のLEDを消灯するか,光線を対向車線に対して下向きや横向きに変更する。他にはハイビームとロービームを切り替えたり,自動車が曲がるときに光線の方向も変えたりする機能を持つ。

この場合,事前に定義された照射パターンを使用することはできても,状況に応じてにリアルタイムに光線を制御することは難しい。しかしこの製品は解像度が高く,照射パターンも自在にコントロールできるため,道路標識に照射をして認識するといったADAS機能を有効にできるとする。

また,歩行者や対向車のドライバーなどに対してまぶしさを軽減できる。多くのピクセルを使用することでシステム・レイテンシを短縮し,高い精度のADBを実現でき,人工知能ベースの予測アルゴリズムで物体の次の移動先を予測する必要性もなくなるとしている。

さらに,歩行者に信号やサインを送り,自動車が次に行なうことを伝えるコミュニケーションを強化するためにも有効。また,ドライバーに対しては,シンボルの投影や表示によって,ナビゲーションのサポートを強化できる。この製品は,-40°Cから105°Cの間で動作し,温度や偏光に関係なくクリアなイメージの視認性を実現できるとしている。

その他関連ニュース

  • マツダ,ALHで経済産業大臣賞を受賞 2019年01月21日
  • NSCら,ケミカル研磨で曲面有機ELパネルを開発 2019年01月18日
  • リコー,欧州の自動車向けセンサーメーカーと協業 2019年01月16日
  • 日立,車載用ステレオカメラ向け技術を開発 2019年01月08日
  • AGCの曇りにくいガラス,ダイハツが採用 2018年12月19日
  • 2030年,自動車向けカメラモジュール生産量は5倍に 2018年12月19日
  • 三菱電機,自動車向け曲面ディスプレーを製品化 2018年12月04日
  • トヨタ,予防安全システム搭載車を1,000万台出荷 2018年11月28日