santec,高出力レーザー向けLCOS型空間光変調器を開発

santecは,LCOS型空間光変調器「SLM-300」を開発した(ニュースリリース)。

同社従来比100倍の200Wクラスの高出力レーザーに利用できるLCOS型空間光変調器で,水冷ヒートシンクを備えたLCOSヘッドを採用しており,波長は532nm,800nm,1064nmの3波長に対応する。これによりレーザー加工,3Dプリンター,IC用レーザートリミングなど主だった波長帯の高出力レーザーを用いた加工が可能になる。

従来は高出力レーザー照射に伴う高温により,液晶材料が相転移温度を超えて動作不良したり,反射アルミ膜の破壊のため,高出力レーザーへの利用が制限されていた。

今回,高温動作に優れた新型液晶材料や,高出力レーザー耐性の優れた誘電体多層膜ミラー,水冷ヒートシンクの導入により,世界最高レベルとする200Wクラスの高出力レーザーへの利用が実現した。同製品の販売開始は2019年4月を予定。販売価格は350万円(参考価格・税抜)。

その他関連ニュース

  • ギガフォトン,出力最大クラスのKrFレーザーを発売 2019年03月20日
  • 三菱電機と産総研,FA分野へのAI活用で連携 2019年02月06日
  • 第39回レーザー学会年次大会が開催 2019年01月16日
  • コヒレント,脆性材料向けレーザー切断システムを発売 2018年12月21日
  • 新日鐵住金,精密加工用細粒ステンレス鋼板を発売 2018年12月06日
  • 阪大,高出力レーザーで磁場の変換機構を解明 2018年12月04日
  • 阪大ら,青色レーザーと切削の複合加工機を開発 2018年10月31日
  • 阪大ら,複数照射式レーザーコーティング技術を開発 2018年10月31日