三菱電機,ZEB実証棟を建設

三菱電機は,情報技術総合研究所(神奈川県鎌倉市)に,ZEB(net Zero Energy Building)関連技術の実証棟を建設する(ニュースリリース)。

ZEBは,ビルの快適な室内環境を保ちながら,高断熱化・日射遮へい・自然エネルギー利用・高効率設備などによる省エネと,太陽光発電などによる創エネにより,年間で消費する一次エネルギー消費量がゼロ,あるいは概ねゼロとなる建築物。この実証棟はZEBの定義の中でも,創エネによる一次エネルギー供給量で実証棟内の設備による一次エネルギー消費量をすべて賄うことを目指している。

同社は,「ZEBプランナー」として,ZEB実現を目指す事業者へのプランニングや業務支援を行なっている。この実証棟の建設により,ZEB関連技術の開発を加速させ,順次事業に適用していくと共にに,働く環境の効率化なども含めてビルを高度化する同社の「ZEB+®(ゼブプラス)」の考えに基づき,技術開発を推進する。

建設する実証棟は,建築面積約2,000m2,延床面積 約6,000m2,鉄骨造地上4階建。投資金額は約36億円。2020年6月に稼働を開始する予定としている。

その他関連ニュース

  • リンテック,DNPの太陽光拡散フィルムを販売 2019年02月13日
  • OIST,長寿命のペロブスカイト太陽電池を開発 2019年01月30日
  • DNPら,環境配慮型デジタルサイネージの実証実験を開始 2019年01月30日
  • 東芝,Cu2O太陽電池の透明化に成功 2019年01月21日
  • NEDOら,CIS系太陽電池で変換効率を更新 2019年01月17日
  • 東レ,高い透明性と遮熱性の遮熱フィルムを開発 2019年01月16日
  • 花王ら,液相法による中間バンド型太陽電池の作製に成功 2019年01月15日
  • 和歌山工技センター,アップコンフィルムを開発 2019年01月10日