国土交通省ら,陸上・水中レーザードローンを開発

国土交通省が,革新的河川管理プロジェクト(第1弾)として,平成28年度より民間企業と進めてきた「陸上・水中レーザードローン」の開発が完了した(ニュースリリース)。

従来の測量や点検等の結果に加え,レーザー計測などによる3次元データの活用により,河川における土砂堆積状況の変化を面的・定量的に把握するなど,維持管理の高度化・高精度化が求められている。

3次元データによる計測にあたっては,これまで航空機に搭載したグリーンレーザーによるレーザー測量システムで計測していたが,今回の開発では,大幅な小型化・軽量化により,ドローンへの搭載が可能となった。

これにより,洪水による被災箇所など限定的な範囲を迅速かつ効率的な3次元データによる計測が可能となり,維持管理の高度化・高精度化が図られる。また,持ち運びが容易となり,被災地域への応援などでも効果を発揮するという。

国土交通省は,今回の開発は陸上・水中を問わず迅速に3次元データによる計測が可能とし,今後は順次,各地方整備局等において実装を進めていくとしている。

このプロジェクトは,現場ニーズに基づいた要求水準を明示し,官主導オープンイノベーションにより企業間の協働を促進するもの。開発した機器の公募時の技術仕様への適合状況等については,国土交通省ホームページへ。

その他関連ニュース

  • 2022年度TOFセンサー世界市場,652億円に 2019年03月20日
  • ams,光学距離測定/3Dスキャン向けTDCを発売 2019年03月13日
  • 日立,LiDARのリテール向けモデルを発売 2019年03月04日
  • ALANコンソーシアム,新たなプロジェクトを発表 2019年02月21日
  • 三菱電機,悪天候対応の車載センシング技術を開発 2019年02月19日
  • 市大,視覚障がい者向け杖装置を検証 2019年01月30日
  • Cepton,自動車向けLiDAR 2種を発表 2019年01月09日
  • 2018年,自動車向けLiDAR出荷数は1万個 2019年01月08日