東大,高感度なインフルエンザウイルス検出法を開発

東京大学は,微小空間にインフルエンザウイルス1個を閉じ込めて検出する,デジタルインフルエンザ検出法を開発した(ニュースリリース)。既存のインフルエンザ検査法であるイムノクロマト法よりも1,000倍から10,000倍高感度にインフルエンザウイルスを検出できることを示したという。

インフルエンザは,定期的に世界的な大流行(パンデミック)を引き起こす感染症。しかし,感染しても発熱などの症状が現れる前に薬を飲めば発症しないため,インフルエンザをより早期に診断できる高感度な検査法が求められている。

インフルエンザウイルスはその表面にノイラミニダーゼというキノコのように突出した形の酵素を持っている。このため,インフルエンザウイルスのノイラミニダーゼによって分解されると蛍光を発する蛍光基質を微小容器に閉じ込めれば,その容器は蛍光を発することになる。

今回研究グループは,その蛍光を観測することでインフルエンザウイルス1個を検出することが可能になると考え,1cm2に17fLの体積を持つ微小容器が60万個配置された微小容器のアレイを微細加工技術によって作成した。

この微小容器アレイにインフルエンザウイルスと蛍光基質を混ぜた溶液を導入して封入したところ,インフルエンザウイルス1個が確率的に微小容器内に閉じ込められて蛍光を発している様子が観察できた。

さらにこの蛍光を発している微小容器の数を数えることで,インフルエンザウイルスの個数や濃度が計算できた。そこで,この計測法におけるインフルエンザウイルスの検出限界と,インフルエンザの診断に使われるイムノクロマト法の検出限界を比較したところ,デジタルインフルエンザアッセイの方が10,000倍高感度であることがわかった。また,インフルエンザの患者のうがい液からもウイルス検出に成功した。

研究グループは,今回の研究により,ウイルス量の少ないインフルエンザの発症直後や直前での検査を可能とし,早期の治療によって症状を抑え,体から出るウイルスを減らすことで流行を低減するといった効果が期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大ら,深紫外発光素子の高効率動作構造を解明 2019年02月01日
  • 九大ら,cAMPシグナルの顕微鏡観察手法を確立 2019年01月28日
  • 産総研ら,緑色蛍光タンパク質の働きを解明 2019年01月22日
  • 東大ら,ラマン分光による細胞解析法を開発 2019年01月18日
  • 量研ら,世界最短波長の「超蛍光」を観測 2019年01月07日
  • 徳島大ら,紫外LEDがインフルエンザ不活化に有効と証明 2018年12月13日
  • 九大ら,神経細胞を明るくカラフルに染めることに成功 2018年11月21日
  • 山口大ら,先端バイオ研究向け高校理科教材を開発 2018年11月15日