古河電工,光ファイバー融着接続機の新シリーズ発売

古河電工は,光ファイバー融着接続機の「S185シリーズ」の販売を開始する(ニュースリリース)。

近年,光通信の高速容量化に伴い,偏波保持ファイバーを始めとする特殊な光ファイバーの需要が増加している。また,加工分野においては,光ファイバーレーザーの普及が進み,大口径光ファイバーの需要も増加している。これらの特殊光ファイバーの接続においては,専用の機能を搭載した高性能融着接続機が必要となる。

S185シリーズは,偏波保持型光ファイバーや大口径光ファイバー等,光部品やファイバーレーザーの製造において必要とされる特殊機能を搭載した高性能融着接続機。

この製品は,「製造用途に最適な融着接続機」を製品コンセプトとし,搭載する機能を製造現場に最適でかつ必要十分なものに限定した。これにより大幅な小型化を実現するとともに,コストパフォーマンスも改善することができた。また,新規開発した高精度光ファイバー調心機構を採用し,光ファイバー接続において最も重要とされる低接続損失を実現したという。

この製品の特長は,低損失接続で,小型・軽量,バッテリー駆動が可能。またタッチパネルとGUI(グラフィカル ユーザ インターフェース)による簡単操作ができ,「クランプソフトランディング」機能による光ファイバーへのダメージ低減とする。

製品ラインナップは,光部品・光通信機器製造用の高強度光ファイバー接続機「S185HS」,および偏波保持光ファイバー接続機「S185PM」,光ファイバーレーザーの製造・保守用途の大口径光ファイバー接続機「S185LDF」とする。さらに,大口径偏波保持光ファイバーにも対応した「S185PMLDF」も製品化を予定している。

なお,各製品の販売開始は,「S185PM」が2019年2月,「S185HS」「S185LDF」が2019年3月,「S185PMLDF」が2019年6月とする。

その他関連ニュース

  • NICT,1Pb/sの光パススイッチングに成功 2019年10月09日
  • 香川大,空間多重光信号を経済的に転送 2019年10月07日
  • 阪大,安価な原料から重水素を選択的に製造 2019年09月27日
  • NEDOら,シリフォトで16多重小型光回路を開発 2019年09月24日
  • 府大ら,光ファイバーで高温設備監視実現へ 2019年09月19日
  • 光ファイバー製造装置,未来技術遺産に登録 2019年09月05日
  • 古河電工,光ファイバー短時間接続機2種を発売 2019年09月02日
  • 古河電工,光ファイバー短時間接続機を発売 2019年07月16日