KDDIら,5G活用の遠隔監視型自動運転を実施

アイサンテクノロジー,KDDI,KDDI総合研究所,損害保険ジャパン日本興亜,ティアフォー,岡谷鋼機,名古屋大学は,2019年2月9日,愛知県一宮市で,自動運転の実証実験を実施する(ニュースリリース)。

本格的な人口減少と少子高齢化を迎え,地域においても,高齢運転者の増加や移動手段の減少など,多くの社会課題が顕在化しつつある。将来の移動手段を確保するために自動運転技術や5GといったICTの利活用が注目されている。

今回の実証実験は,国内で初めて一般公道において次世代移動通信システム「5G」を活用した複数車両の遠隔監視型自動運転を行なう。2台の自動運転車のうち1台に5Gを搭載し,運転席を無人の状態として自動走行を行なう。また,自動走行にあたって,遠隔にいる1名の運転手が2台を同時に監視し,緊急時には制御を行なう。

各者は,自動運転の高度化により,買い物難民やバス・タクシー運転手不足に対する市民の移動手段としての活用や,観光促進や車産業振興にもつながることが期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 東京モータショーに見る自動車照明の未来 2019年11月20日
  • PSSIら,自動運転バスのデモを実施 2019年11月15日
  • 2030年中国LiDAR市場,6,615億円に 2019年11月05日
  • 駐車支援/自動駐車システム,2030年は5,330万台に 2019年10月30日
  • NEDOプロ,HDマップ支援ツールの開発に着手 2019年10月28日
  • 東芝,単眼カメラで高精度測距するAIを開発 2019年10月28日
  • オンセミの車載センサー出荷数,1億個に 2019年10月23日
  • 三菱電機,一般道や自動駐車向け自動運転技術を開発 2019年10月23日