NEC,一部見えない人物でも照合可能な技術を開発

日本電気(NEC)は,カメラから顔や体の一部が見えない部分がある人物や後ろ向き・横向きの人物でも,全身の外観画像を用いて照合できる「人物照合技術」を開発した(ニュースリリース)。

従来カメラ映像から人物を照合する場合,顔認証技術だけでは横向き・後ろ向きなどの顔の見えない人物に対応できない場合があり,顔認証技術による人物の判定後に,その人物の外観を複数のカメラ間で照合することが,解決手段の1つとして考えられてきた。

しかし,施設内のように多数の人々や椅子,カウンターなどの遮へい物がある場合,把握したい人物の一部がカメラから見えない場合があり,照合が困難だった。

今回,同社が開発した技術は,カメラに写った人物の服装や体型などの外観を分析することにより,それらが同一人物か異なる人物かを判定する。同社がこれまで顔認証技術などにより培ってきた映像解析技術と深層学習技術を用いることで,顔画像のみに頼らない高精度な技術が確立できたという。

この技術の特長は,人混みや物陰がある環境など人と人,人と物の重なり,人物映像にカメラから見えない部分がある場合でも,その他の部分を自動的に選択し,それに基づいて人物を照合する。人物照合率は約9割としている。また,深層学習技術の効果的な利用により,複数のカメラで撮影された後ろ向きや 横向きなどの様々な角度の人物を識別する。これによって,顔が見えない場面でカメラ映像のみを用いた人物の照合を実現した。

同社は,今回の技術の応用例として,人や遮へい物が多い大規模施設内の警備支援や,顔認証技術との組み合わせによる迷子等の人物の捜索などのサービスを想定している。

その他関連ニュース

  • 東北大ら,HSCで銀河系の端を捉えることに成功 2019年06月24日
  • NEC,生体認証・映像分析事業を強化 2019年06月21日
  • ニコン,ディープラーニング企業へ出資 2019年06月21日
  • NTT,光インターコネクトでAI処理を高速化 2019年06月19日
  • 理研ら,深層学習でタンパク質結晶試料を自動検出 2019年06月04日
  • Basler,データ圧縮機能搭載カメラを発表 2019年05月30日
  • 富士フイルム,AI/IoT活用の内視鏡工場を建設 2019年05月29日
  • 富士フイルム,1億2百万画素センサー搭載カメラを発売 2019年05月29日