コニカミノルタ財団,平成30年度画像科学奨励賞を選出

ニカミノルタ科学技術振興財団は,光と画像領域の研究に従事する若手研究者を対象に公募した「平成30年度コニカミノルタ画像科学奨励賞」(助成金総額1,100万円)の受賞者を決定した(ニュースリリース)。

この賞は「光と画像領域でのイノベーション創出」を基本コンセプトとし,「光と画像に関する材料及びデバイスの研究」「光と画像に関するシステム及びソフトウェアの研究」「光と画像に関するその他の先端的な研究」を募集研究テーマとした。

今回応募数64件のうち,奨励賞(優秀賞)4名,奨励賞12名,連携賞1名を選出した。このうち,奨励賞(優秀賞)(助成金1件100万円)を受賞した4名と研究タイトルは以下の通り。

厚海奈穂氏 関西医科大学医学部 助教
「蛍光特性を活かした次世代の細胞系譜追跡法の開発を通して,幹細胞による組織の構築・再生過程を可視化する」

伊藤陽介氏 京都大学大学院工学研究科 助教
「ハイブリッド型光ポンピング原子磁気センサを用いた生体磁気の画像化」

小野篤史氏 静岡大学工学部 准教授
「プラズモニックナノ構造をカラーフィルタとした可視近赤外情報同時取得イメージセンサの開発」

松尾和哉氏 北海道大学電子科学研究所 助教
「細胞内バイオマシンのピンポイント光操作系の構築」

その他関連ニュース

  • NEC,生後2時間の新生児の指紋認証に成功 2019年06月20日
  • 日本触媒,有機EL討論会「第12回業績賞」を受賞 2019年06月14日
  • 住友電工,IEC活動推進会議議長賞を受賞 2019年06月13日
  • オリンパス,7000倍のデジタル顕微鏡を発売 2019年06月04日
  • 富士フイルム,独自配列のセンサーで発明表彰受賞 2019年05月27日
  • キヤノン,露光装置で経団連会長賞を受賞 2019年05月24日
  • NECら,画像処理によるワイン検査機を開発 2019年05月20日
  • 立石科学技術振興財団,2019年度助成金贈呈者を決定 2019年05月14日