NEC,沖縄~鹿児島間の光海底ケーブルを敷設へ

NECは,沖縄と鹿児島を結ぶ大容量光海底ケーブル敷設プロジェクトのシステム供給契約を,沖縄セルラー電話と締結した(ニュースリリース)。

このケーブルシステムは,沖縄県名護市と鹿児島県日置市を結び,総距離は約760km,最大水深は約1,200m。最新の光波長多重伝送方式を採用し,最大設計伝送容量は毎秒80Tb/sとなる。沖縄~鹿児島間を既設ケーブルとは異なるルートで結ぶため,大規模災害など有事の際のバックアップ回線確保に貢献する。

また,沖縄におけるデータセンター建設や5Gサービスの開始などにより,今後さらに見込まれる沖縄~九州・本州間の通信需要拡大に対応するという。このケーブルシステムの稼働開始は,2020年4月を予定している。

新着記事

  • ソニー,カラーで描画と消去が繰り返せるフィルムを開発 2019年05月17日
  • 阪大ら,ワイヤレスな脳活動計測技術を開発 2019年05月17日
  • AGC,窓ガラスに透明ディスプレーを組込む技術を開発 2019年05月17日
  • コーニング,PCや8Kテレビ向けガラス基板を発表 2019年05月16日
  • 国立天文台,新装置で原始惑星系円盤を観測 2019年05月16日
  • マックス・プランク,ナノスケールの光制御技術を開発 2019年05月15日
  • JASITら,高分子の相転移を利用した人工光合成に成功 2019年05月15日
  • 理科大,トモグラフィーの精度を数式で向上 2019年05月15日