NEC,沖縄~鹿児島間の光海底ケーブルを敷設へ

NECは,沖縄と鹿児島を結ぶ大容量光海底ケーブル敷設プロジェクトのシステム供給契約を,沖縄セルラー電話と締結した(ニュースリリース)。

このケーブルシステムは,沖縄県名護市と鹿児島県日置市を結び,総距離は約760km,最大水深は約1,200m。最新の光波長多重伝送方式を採用し,最大設計伝送容量は毎秒80Tb/sとなる。沖縄~鹿児島間を既設ケーブルとは異なるルートで結ぶため,大規模災害など有事の際のバックアップ回線確保に貢献する。

また,沖縄におけるデータセンター建設や5Gサービスの開始などにより,今後さらに見込まれる沖縄~九州・本州間の通信需要拡大に対応するという。このケーブルシステムの稼働開始は,2020年4月を予定している。

その他関連ニュース

  • NECら,ウズベキスタンの基幹通信システムを受注 2019年03月13日
  • フルーク,最速のコネクター端面検査スコープを発売 2019年03月13日
  • NTT,1波長あたり1Tb/sの35波長多重伝送に成功 2019年03月07日
  • 古河電工,ラマン増幅用の励起光源技術を開発 2019年03月06日
  • 東工大ら,シリフォト技術で光渦多重器を開発 2019年03月06日
  • NRI,2019年以降の5Gロードマップを予測 2019年03月06日
  • NEDOら,光I/Oコアモジュールで400Gb/sを実現 2019年03月05日
  • NII,100Gb/s地球一周学術通信回線網を構築 2019年03月05日