LUMIBIRD,固体ナノレーザーを発売

仏LUMIBIRDは,2月5~7日,米国で開催されたSPIE. Photonics West 2019にて,新型のQCW半導体レーザー励起ナノ秒固体レーザー「MERION C」および「MERION MW」を発表した(同社HP)。

両シリーズともにPlug&Play可能な波長変換モジュールを装着可能で,基本波の1064nmのほか,532nm,355nm,266nmの波長選択ができる。

「MERION C」は最大400Hzのパルス動作が得られ,「MERION MW」は200Hzまでの繰り返しにてパルスあたり最大650mJのエネルギーが得られる。LiDAR,光音響イメージング,アブレーション,LIBS,PIVなどの用途を見込んでいる。

その他関連ニュース

  • 筑波大ら,高強度レーザーの金属破壊を直接観測 2019年05月24日
  • 東北大ら,高分子レーザー加工を3次元で動的に可視化 2019年05月24日
  • ams,LiDAR向けVCSELをIbeoとZFに提供 2019年05月22日
  • ソニー,カラーで描画と消去が繰り返せるフィルムを開発 2019年05月17日
  • 横国大,光学結晶中の白色レーザー発生原理を解明 2019年05月15日
  • 阪大ら,レーザーによる加熱機構を特性X線で解明 2019年05月14日
  • 市大ら,レーザーで量子渦による粒子運動を解明 2019年05月09日
  • 光響,「ラマン分光学習キット」を発売 2019年04月23日