オハラの極低膨張ガラス,国内最大望遠鏡に採⽤

オハラの極低膨張ガラスセラミックス「クリアセラムTM-Z」が,国内最大となる京都大学3.8m望遠鏡,愛称「せいめい」に採用された(ニュースリリース)。

天体望遠鏡は,外気にさらされた状況で運用されるため,気温の変化に対して熱的・機械的特性が安定なゼロ膨脹材料が必要となる。

この「クリアセラムTM-Z」は,温度変化に対する形状変化が極めて小さいゼロ膨張ガラスセラミックスで,「せいめい」に搭載される口径3.8mの主鏡,2次鏡及び3次鏡のすべてに採用された。「せいめい」の主鏡は,日本初の分割鏡方式で,扇形のこのセラミック18枚で構成されている。

なお,このセラミックは様々な大型天体望遠鏡プロジェクトに採用されているほか,有機ELディスプレー(OLED)などの製造に使用するFPD露光装置,半導体露光装置のミラー材や構造部材としても使用されている。

「せいめい」は,国内最大となる口径3.8mの主鏡を有する光学赤外線望遠鏡。これまで,東アジア地区には口径2.5m以上の光学赤外線望遠鏡が存在せず,この地域で突発的に発生した天体現象の詳細観測データは取得できていなかった。「せいめい」には,これらの観測を通じて,特にブラックホール発生の際に起きると予想されている,ガンマ線バーストと呼ばれる爆発現象の解明が期待されている。
京都大学3.8m望遠鏡ウェブサイト

その他関連ニュース

  • 都市大ら,宇宙望遠鏡で新たな種族の天体を発見 2019年07月31日
  • OISTら,冷却で膨張する磁性結晶の仕組みを解明 2019年07月26日
  • 京大ら,太陽でもスーパーフレアが発生しうると解明 2019年07月16日
  • 理研ら,銀河団衝突の瞬間を初めて観測 2019年07月09日
  • 東北大ら,HSCで銀河系の端を捉えることに成功 2019年06月24日
  • 東工大ら,2つの機構で「温めると縮む」材料を発見 2019年06月17日
  • 東大ら,HSCで遠方超新星を1,800個発見 2019年05月30日
  • 国立天文台,新装置で原始惑星系円盤を観測 2019年05月16日