オリンパスら,AI向け内視鏡画像データを効率的に作成

オリンパスは,大分大学,福岡工業大学とともに,日本医療研究開発機構(AMED)の「未来医療を実現する医療機器・システム開発事業」に参画し,「人工知能が術中に外科医の意思決定を補助する医療システム」の開発に成功した(ニュースリリース)。

内視鏡外科手術が最も普及している胆嚢摘出術においては,手術の際に目印となる臓器や血管の位置を正確に把握することが非常に重要。これまで0.5%程度の割合で胆道損傷が起きており,その6~7割は臓器や血管位置の誤認が原因であるとされている。

今回の研究においてオリンパスは,腹腔鏡下胆嚢摘出術の内視鏡画像にランドマークとなる臓器・血管の位置の情報を簡単に紐付けることが出来るソフトウェアを開発した。このソフトウェアを使うことで,これまで数千枚以上もの画像に対して手動で入力する必要のあった情報の紐付け作業の負荷を大幅に軽減することが可能になり,より質の高い多くの教師データをAIに学習させることができるという。

このソフトウェアで作成した教師データを,福岡工業大学が開発したAIに学習させることで臓器・血管のランドマーク表示が可能となり,2018年12月に大分大学で行なわれた人工知能AIを用いたランドマーク術中教示システムの検証実験の成功に貢献した。腹腔鏡下胆嚢摘出術中にランドマークを表示する機能については,3者で開発を行ない,推定精度95%以上を達成している。

同社はこの研究で得た知見を活かし,今後,大腸や胃など,他の部位・疾患における腹腔鏡手術においてもAI活用の研究を進めていくとしている。

その他関連ニュース

  • 東大,ニューラルネットワークに視覚野を転写 2019年03月11日
  • オリンパスと慈恵医大,顕微授精のAI研究を開始 2019年03月08日
  • 富士フイルム,LED光源用気管支内視鏡を発売 2019年03月07日
  • オリンパス,国内初の内視鏡用AIを発売 2019年02月25日
  • 慶応ら,軟性内視鏡手術システムを開発 2019年02月08日
  • NEC,一部見えない人物でも照合可能な技術を開発 2019年02月07日
  • NEDOら,カメラデータから顔データ含むコーパス作成 2019年02月07日
  • 三菱電機と産総研,FA分野へのAI活用で連携 2019年02月06日