オハラ,子会社の足柄光学を解散

オハラは2019年3月をもって,同社の子会社である「足柄光学」の解散を決定した(ニュースリリース)。

足柄光学は1956年の設立以来,光学機器向けレンズブランクス品のプレス成形加工を行なってきた。しかし国内光学産業は,海外生産シフトが進展し,同社光製品事業部で取り扱う国内向けリヒートプレス品の需要も減少した。これにより今後,足柄光学が将来に亘って安定的な収益を確保することが困難と判断し,2019年2月末で生産を終了,同年3月に解散することとなった。

なお,これまで足柄光学で生産していたリヒートプレス品は,同社グループ会社ならびに国内協力会社に生産を引き継ぎ,供給を継続するとしている。

新着記事

  • 【OPIE’19】「オンリーワン」技術を見に行こう 2019年04月25日
  • コニカミノルタ,パイオニアと有機EL照明事業を解消 2019年04月25日
  • 福岡大,スピン波を電気のみで観測 2019年04月25日
  • Basler,新たな照明ソリューションを発表 2019年04月25日
  • 明電舎,スラム誘導形無人搬送車を初納入 2019年04月25日
  • 東北大ら,三角格子反強磁性体の新量子相を発見 2019年04月25日
  • 【OPIE’19】巨大望遠鏡向け光学技術が結集
    【OPIE’19】巨大望遠鏡向け光学技術が結集 2019年04月24日
  • 東大,三次元ナノ構造体の新設計法を発見 2019年04月24日