AGC,自動車用ガラスアンテナ開発を日米欧3極体制に

AGCは自動車用ガラスアンテナの開発拠点となる電波暗室を,ベルギーのゴスリーに建設,2019年3月15日に竣工した(ニュースリリース)。

電波暗室とは,各種電子機器の特性のうち,電磁波の受信に関する特性を測定・評価するために,外界からの電磁波を完全に遮断した施設。電波暗室内では,電子機器から放射される電磁波を測定する。

来たるモビリティ社会には,カメラやLiDAR,センサーなどの機器によるクルマ同士あるいはクルマとすべてのものがつながるV2Xを実現する通信機能が求められ,受発信アンテナの搭載および電波の出入り口として,自動車用ガラスの役割が増している。

また,クルマのデザインを損ねることなく,各種放送波の受信や5Gなどの高速通信に最適なガラスアンテナデザインを設計するためには,開発段階から高度なシミュレーション技術の応用や高精度な計測技術が求められる。

同社はすでに,日本と米国の電波暗室で自動車用ガラスアンテナの設計を実施・提供している。今回,欧州での電波暗室竣工により,ガラス業界初の日米欧3極自動車用ガラスアンテナ開発体制が整ったとしている。

その他関連ニュース

  • AGC,ガラスに挟んだ両⾯ディスプレーを発売 2019年05月24日
  • AGC,高精細・大画面ディスプレーガラス基板を開発 2019年05月24日
  • DNP,車載ディスプレー向け加飾パネルを開発 2019年05月23日
  • センサー関連と基板関連市場,2018年に3兆円規模に
    センサー関連と基板関連市場,2018年に3兆円規模に 2019年05月23日
  • オムニビジョン,フリッカを抑えたHDRセンサなど発表 2019年05月23日
  • 2030年車載イメージセンサー市場,2,513億円に 2019年05月22日
  • ams,LiDAR向けVCSELをIbeoとZFに提供 2019年05月22日
  • 小糸製作所,ヘッドランプに独LiDAR搭載を検討 2019年05月21日