Basler,CoaXPress 2.0対応カメラを発表

独Baslerは,新製品となるCoaXPress 2.0(CXP 2.0)対応カメラ「boost」を発表した(製品ページ)。

このカメラシリーズには,カメラと専用のインターフェースカードがセットになった「Basler boost」パッケージを用意。最大転送速度12.5Gb/sのCXP 2.0を採用し,Power over CoaXPressを利用することで,ケーブル1本で電源供給と正確なトリガーが可能となり,I/Oケーブルを別途用意する必要がなく,大幅なコスト削減につながるという。

一方,センサーは,CXP 2.0の性能を最大限に発揮できる高解像度・高フレームレートのソニー製CMOSセンサー「IMX253」(12MP・93f/s)または「IMX255」(9MP・68f/s)から選択可能。大量データの高速・長距離転送が可能となる。

CXP 2.0で画像データを転送する際には,コンピューターのプロセッサーにかかる負荷を軽減し,リソースを画像処理に集中させるため,対応するインターフェースカードが必要になるが,同社ではCXP-12インターフェースカードを自社で開発するなど,画像処理ソリューションをワンストップで提供している。

さらに,「Basler Camera Software Suite」を使用してカメラやインターフェースカードのセットアップを行なえば,システムをより簡単に構築できるという。

「Basler boost」は80mm×80mm×45mmというコンパクトなサイズにもかかわらず,デジタル入力と2つのGPIOポートを有し,画像補正機能PGIにも対応している。

その他関連ニュース

  • NECら,画像処理によるワイン検査機を開発 2019年05月20日
  • タムロン,近赤外光対応の4K/8Mレンズを発売 2019年05月08日
  • リコー,25mm5メガピクセル対応FAレンズを発売 2019年04月11日
  • キャスレー,超高速画像解析ツールが「優秀賞」を受賞 2019年04月10日
  • 東芝テリー,近赤外に感度を持つ産業用カメラを発売 2019年04月01日
  • Phase One,超高解像度産業用中判カメラを発表 2019年04月01日
  • リンクス,Basler製ビネッティング補正カメラを発売 2019年03月13日
  • Basler,同社初の医療用カメラシリーズを発売 2019年03月07日