オーテックス,新ナノ秒Q-SW光源を発売

オーテックスは,独Conpact Laser製「小型高出力Q-Switchナノ秒レーザー」の最新モデルの販売を開始した(同社HP)。

従来モデルである「16W@1064nm」「12W@532nm」「6W@355nm」の最新版となるこの製品は波長266nm,出力1W(@10kHz)で,わずか120㎜のコンパクトサイズを実現している。

主な性能は下記の通り。
・波長:266nm 
・出力:1W at 10kHz
・Qスイッチによるパルス幅:4ns-10ns
・最大パルスエネルギー:280μJ at 1kHz
・オペレーション可能繰り返し:1Hz to 100kHz
・シャッタ内蔵
・長寿命励起LD
・空冷(水冷オプションあり)
・電源DC24V 200W(高品質ACパワーサプライ付属)

その他関連ニュース

  • ソニー,カラーで描画と消去が繰り返せるフィルムを開発 2019年05月17日
  • 横国大,光学結晶中の白色レーザー発生原理を解明 2019年05月15日
  • 阪大ら,レーザーによる加熱機構を特性X線で解明 2019年05月14日
  • 市大ら,レーザーで量子渦による粒子運動を解明 2019年05月09日
  • 光響,「ラマン分光学習キット」を発売 2019年04月23日
  • 阪大ら,超高強度レーザーの固体加熱メカニズムを解明 2019年04月22日
  • 浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発
    浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発 2019年04月19日
  • ギガフォトン,出力最大クラスのKrFレーザーを発売 2019年03月20日