オーテックス,新ナノ秒Q-SW光源を発売

オーテックスは,独Conpact Laser製「小型高出力Q-Switchナノ秒レーザー」の最新モデルの販売を開始した(同社HP)。

従来モデルである「16W@1064nm」「12W@532nm」「6W@355nm」の最新版となるこの製品は波長266nm,出力1W(@10kHz)で,わずか120㎜のコンパクトサイズを実現している。

主な性能は下記の通り。
・波長:266nm 
・出力:1W at 10kHz
・Qスイッチによるパルス幅:4ns-10ns
・最大パルスエネルギー:280μJ at 1kHz
・オペレーション可能繰り返し:1Hz to 100kHz
・シャッタ内蔵
・長寿命励起LD
・空冷(水冷オプションあり)
・電源DC24V 200W(高品質ACパワーサプライ付属)

その他関連ニュース

  • 阪大ら,高効率のレーザー駆動粒子加速を実現 2019年07月17日
  • 阪大,マイクロバブル爆縮をシミュレーション 2019年07月16日
  • コヒレント,切断とマーキングの新製品を発表 2019年07月04日
  • 森精機,パウダーベッド方式の金属3Dプリンターを発売 2019年07月03日
  • コヒレント,加工用ヘッドと樹脂レーザー加工機を発表 2019年07月03日
  • コヒレント,精密加工向けレーザーを発表 2019年07月02日
  • コヒレント,研究向けレーザー新製品を発表 2019年07月01日
  • Laser Munich Today【展示会現地報告「初日」】 2019年06月25日