Phase One,超高解像度産業用中判カメラを発表

Phase One Japanは,マシンビジョン用中判カメラシステム「iXM-MV」を発表した(同社HP)。

1億5000万画素と1億画素の超高解像度裏面照射CMOSセンサーを搭載し,それぞれにRGBフルカラー,およびアクロマティック(モノクロ)モデルを用意。工業用検査やプロセスコントロールから,映画フィルムのデジタル化や医用画像,科学的研究など,幅広いマシンビジョンアプリケーションに適しているという。

裏面照射型大型CMOSセンサーにより,幅広いダイナミックレンジを実現。最も高解像度な「Phase One iXM-MV150Fカメラシステム」では,14204×10652ピクセル(ピクセルサイズ:3.76μm)を提供する。

ワイドフォーマットレンズ用のM72mm標準レンズマウントを採用し,高倍率でも品質の高い「ワイドフォーマットLinos Inspec.xレンズ」をオプションとしてラインナップ。高速なUSB3および10G Ethernetを搭載し,撮影画像の高速転送に対応している。

ノイズが少なく,シャープな画像を出力するPhase Oneの画像処理エンジンが,「iXM-MV」向けに最適化されており,優れたディテール,シャープネス,カラーマネージメントを可能にするとしている。

その他関連ニュース

  • NECら,画像処理によるワイン検査機を開発 2019年05月20日
  • タムロン,近赤外光対応の4K/8Mレンズを発売 2019年05月08日
  • リコー,25mm5メガピクセル対応FAレンズを発売 2019年04月11日
  • キャスレー,超高速画像解析ツールが「優秀賞」を受賞 2019年04月10日
  • 東芝テリー,近赤外に感度を持つ産業用カメラを発売 2019年04月01日
  • Basler,CoaXPress 2.0対応カメラを発表 2019年03月25日
  • リンクス,Basler製ビネッティング補正カメラを発売 2019年03月13日
  • Basler,同社初の医療用カメラシリーズを発売 2019年03月07日