キヤノンMJ,光学式三次元表面プロファイラーを発売

キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は,独GBS (Gesellschaft für Bild- und Signalverarbeitung mbH)製光学式三次元表面プロファイラー「smartWLIシリーズ」4機種の販売を開始した(プレスリリース)。価格は700万円~。

光学式三次元表面プロファイラーは,レンズ金型などの精密加工部品,自動車部品,電子部品,機能材料などの製造工程や品質検査において,表面の凹凸,傷,節目などの表面性状を非接触で測定する計測機器。

GBSの光学式三次元表面プロファイラーは,専用の画像処理ボードを使った高速演算処理による,高画素データと演算スピードを両立した高スループットが特長。小型・軽量モデルの「smartWLI compact」から,エンジンシリンダー内壁の計測専用モデルの「smartWLI Cylinderinspector」まで,豊富なラインアップを揃えており,従来対応できなかったオンマシン計測,シリンダー内などの狭所の測定を実現するという。

キヤノンMJは,これらの製品を精密加工部品,自動車部品,電子部品,機能材料などの製造工程や品質検査用途として販売していくとしている。

GBS光学式三次元表面プロファイラーの特長は以下の通り。
・高精細データ(5Mピクセルカメラ搭載)で広いダイナミックレンジのデータを提供可能
・高スループット(GPU使用)
・Digtal Surf 製「MoutainsMap®」解析ソフトウエアを採用
・高い柔軟性によるさまざまなアプリケーションへの展開
・オンマシン計測への対応
・量産現場での検査機としての提案
・広視野,大面積測定が可能

新着記事

  • 【OPIE’19】「オンリーワン」技術を見に行こう 2019年04月25日
  • コニカミノルタ,パイオニアと有機EL照明事業を解消 2019年04月25日
  • 福岡大,スピン波を電気のみで観測 2019年04月25日
  • Basler,新たな照明ソリューションを発表 2019年04月25日
  • 明電舎,スラム誘導形無人搬送車を初納入 2019年04月25日
  • 東北大ら,三角格子反強磁性体の新量子相を発見 2019年04月25日
  • 【OPIE’19】巨大望遠鏡向け光学技術が結集
    【OPIE’19】巨大望遠鏡向け光学技術が結集 2019年04月24日
  • 東大,三次元ナノ構造体の新設計法を発見 2019年04月24日