オプトサイエンス,高出力フェムト秒ファイバーレーザーを発売

オプトサイエンスは,ポーランドFluenceの次世代型フェムト秒ファイバーレーザー「Jasper」の販売を開始した(会社HP)。

フェムト秒非熱微細加工用に開発されたオールファイバーのレーザーシステム。従来のピコ秒固体レーザーと比較して,小型でありながら高出力のフェムト秒発振を実現している。

オプションの第二高調波,第三高調波発生で多彩な材料の加工が可能となるという。

主な特長は以下の通り。
・パルス幅:<300fs
・発振波長:1030nm
・エネルギー:160μJ/Pulse,20W
・発振周波数:100kHz~2MHz&25MHz

想定するアプリケーションは以下の通り。
・非熱レーザー加工
・2光子/多光子レーザー加工
・時間分解過渡吸収分光分析用光源

その他関連ニュース

  • 光響,サブスクにファイバーレーザーを追加 2020年07月22日
  • オーテックス,高出力フェムト秒レーザーを発売 2020年07月16日
  • 光響,30Wファイバーレーザーマーカーを発売 2020年07月15日
  • SP,40Wグリーンファイバーレーザーを発表 2020年07月06日
  • コヒレント,二重ビームファイバーレーザーを発売 2020年06月09日
  • 東北大,光励起した半導体の非熱的過程寿命を観測 2020年06月08日
  • 東大ら,極端紫外光で薄膜の微細加工に成功 2020年05月15日
  • リンシュンドウ,ファイバーレーザー溶接機を発売 2020年05月05日