2018年世界半導体材料市場,10.6%増の519億ドル

SEMIは,4月2日(米国時間),2018年の世界半導体材料市場が,前年比10.6%増の519億ドルとなり,2011年に記録された過去最高額の471億ドルを上回ったことを発表した(ニュースリリース)。

これによると,販売額の内訳は,ウエハープロセス材料販売額が前年比15.9%増の322億ドル,パッケージング材料販売額が前年比3.0%増となる197億ドルだったという。

地域別にみると,台湾が,国内のファンドリーとアドバンスト・パッケージの拠点を背景に114億ドルを消費し,9年連続で世界最大の半導体材料消費地となった。韓国は2位にあがり,中国は3位に下がった。

韓国,欧州,台湾,中国の材料市場は大きく成長したが,北米,その他地域,日本の材料市場の成長率は1桁台としている。(表にある「その他地域」は,シンガポール,マレーシア,フィリピンなど東南アジア諸国およびその他小規模市場の合計)

その他関連ニュース

  • 青学,高性能p型酸化物半導体薄膜の合成法確立 2020年05月25日
  • 京大,半導体ナノ粒子の光学利得を向上 2020年05月13日
  • SEMI,2021年半導体ファブ投資は69憶ドルに 2020年05月11日
  • SEMI,2020年シリコンウエハー市場予測を発表 2020年04月15日
  • 2019年半導体製造装置市場,7%減の598億ドル 2020年04月15日
  • 2030年車載半導体市場,6.0%増の586憶ドルに 2020年04月02日
  • 2019年世界半導体材料販売額,1.1%減に 2020年04月02日
  • 2019年画像認識関連技術市場,290億円に 2020年03月25日