NECディスプレイ,シネマ用レーザープロジェクターを発売

NECディスプレイソリューションズは,米国シネマ業界団体DCI(Digital Cinema Initiativesの略,ハリウッドの映画大手6社で構成)制定の上映規格に合格したDLP Cinema®プロジェクションヘッド「NP-02HD」と,同モデル内蔵レーザー光源ユニット「NP-24LU01」を2019年9月下旬より出荷を開始する(ニュースリリース)。

日本国内の映画館は,2008年頃から順次デジタル化が進み,導入開始から10年を超えた今年度からは,買い替え需要が高まってくると想定されている。映画館は,デジタルシネマプロジェクターを長時間・長期間使用するため,買い替え時の機種選定にあたっては,信頼性の確保・映像品質の維持・低ランニングコストであることがポイントとなる。

この内蔵レーザー光源ユニットは,明るさの異なる別ユニットを順次発売し,各々「NP-02HD」に組み込むことができる。合計3種類の発売を計画しており,発売後1年間で,国内・海外向けをあわせて,1000台の販売を予定している。

内蔵レーザー光源ユニット「NP-24LU01」は,赤/青2色のレーザー光源を採用し,DCI規格の広色域での投映を高効率で実現した。DLP Cinema®プロジェクションヘッド「NP-02HD」は2K解像度で,「NP-24LU01」を内蔵することにより,明るさ24000 lmの光出力となる。

加えて,内蔵レーザー光源ユニットは,今後,20000 lmの「NP-20LU01」,18000 lmの「NP-18LU01」の出荷も予定しており,3種類で中規模クラスのスクリーンをフルカバーする。レーザー光源採用のDLP Cinema®プロジェクターは,販売中の製品と合わせて7機種となり,映画館の大小様々なスクリーンへの対応が可能。

また,この製品は,レーザー光源を採用し,「循環冷却防塵構造」による高耐久設計及びプロジェクションヘッドとレーザー光源ユニットの別売り,光源セレクタブル方式により,低ランニングコストでの運用を可能にするなど,顧客のニーズに対応するとしている。

その他関連ニュース

  • 三菱電機,投映式誘導システムを発売 2020年02月19日
  • リコー,レーザープロジェクター新製品を発売 2020年01月22日
  • DNPの透明スクリーン,「変なホテル」で採用 2019年11月15日
  • 【光技術フェア】WDS,4K解像度LCOSを展示 2019年11月12日
  • 【光フェア】オキサイド,スペックル測定装置を出展 2019年11月12日
  • NAISTら,レーザープロジェクターで血管を可視化 2019年10月28日
  • JVC,4K/HDRレーザープロジェクター発売 2019年10月09日
  • エプソン,4K超短焦点ホームプロジェクターを発売 2019年10月03日