JOLED,有機ELディスプレーの後工程構築開始

JOLEDは,世界初となる印刷方式有機ELディスプレー量産ラインの構築を進め,今回開設した「JOLED千葉事業所」において,「後工程」製造ラインの構築を開始した(ニュースリリース)。

設備投資には,INCJ,ソニー,NISSHAを引受先とする第三者割当増資により調達した,総額255億円の資金の一部を活用する。

同社の有機ELディスプレーは,能美事業所にて,アレイ工程から印刷OLED工程までの「前工程」を行なったあと,千葉事業所にて「後工程」であるモジュール工程を行ない,最終検査を経て製品として顧客に出荷される。

千葉事業所は,有機ELディスプレー月産約22万台の生産能力を備える「後工程」製造拠点として,能美事業所と同時に2020年稼動開始を予定する。全工程が完成する2020年以降は,車載向けやハイエンドモニター向けなどを想定した,中型サイズ(10~32型)の印刷方式有機ELディスプレーを生産していく。

また,新しく株主となったNISSHAは,フィルムベースのタッチセンサーを主力製品のひとつとしており,同社は今後,各種ディスプレー向けタッチセンサーにおいてNISSHAとの協業に取り組んでいくとしている。

その他関連ニュース

  • パイオニアと独コンチ,統合コックピットで協業 2020年05月28日
  • 東レ,有機EL関連技術で科学技術賞開発部門受賞 2020年05月01日
  • 住友化学,大阪工場のEUVレジスト開発強化 2020年04月22日
  • コヒレント,フィンランドに製造・開発拠点設立 2020年04月16日
  • 2023年先端材料市場,4兆8,771億円に 2020年03月17日
  • DNP,ディスプレーぎらつきの光学測定原理解明 2020年03月11日
  • サイノラ,高効率青色OLEDを製品化 2020年03月06日
  • 次世代ディスプレー関連世界市場まとまる 2020年03月04日