光響,「ラマン分光学習キット」を発売

光響は,物質分析に利用されるラマン効果を体験できる「ラマン分光学習キット」の販売を開始した(ニュースリリース)。価格は980,000円(税抜)。

遮光用ボックスにCCDカメラやレンズ等をコンパクトに収納し,レーザー光源,対物レンズ等と効果的に組み合わせるシンプルな構成で,初期段階の物質構造の分析作業を体験できる。

必要部材を組み立てることで,ラマン分光と分光器についての基礎知識の習得が可能。主な用途は,各種物質の評価・分析(無機・有機化合物,固体・液体等)で,大学等のアカデミック分野での使用を想定しているという。

この製品は電気通信大学教授,米田仁紀氏の監修による。なお,米田氏はセミナー「ラマン散乱分光装置製作のコース」を4月24日9:30~,光技術展示会「OPIE」にて開催する。

その他関連ニュース

  • ローランド,CO2レーザー非接触式加工機を発売 2019年09月09日
  • ラベルフリー生体観察を実現するシートラマン顕微鏡とは?
    ラベルフリー生体観察を実現するシートラマン顕微鏡とは? 2019年09月09日
  • santec,廉価版の波長可変光源を発表 2019年09月03日
  • 工繊,ビスマス含有半導体の高品質化に成功 2019年09月03日
  • マザック,小径パイプ用レーザー加工機を発売 2019年08月19日
  • 独研究所, 空間分解能1nmの共鳴ラマン分光を実現 2019年07月31日
  • オーテックス,Qスイッチピコ秒レーザーを発売 2019年07月30日
  • 北見工大ら,異方性セラミックスレーザー材料を開発 2019年07月30日