コニカミノルタ,パイオニアと有機EL照明事業を解消

コニカミノルタは,有機EL照明事業の合弁会社に係るパイオニアとの合弁契約を解消した(ニュースリリース)。

コニカミノルタとパイオニアは,2017年に有機EL照明事業に係る合弁会社「コニカミノルタ パイオニア OLED」を設立し,車載照明を注力分野として事業を推進してきたが,パイオニアの経営方針の変更に伴い,4月16日付で合弁契約を解消した。

「コニカミノルタ パイオニア OLED」は,社名を「コニカミノルタOLED」に変更して存続するが,事業,機能,パイオニアの有機EL照明に係る関連資産などについては,コニカミノルタに移管する。なお,この合弁契約解消がコニカミノルタの2019年3月期連結業績に与える影響はないとする。

今後,コニカミノルタは,両社協業で得た知見とノウハウを活用し,事業の注力分野を車載照明から,同社が得意とする高付加価値印刷事業とのシナジーによる「光るスマートプリンティング」(紙のように薄いフレキシブル有機EL照明パネルを利用した,新しい印刷物ソリューション)を軸とする方針に転換していくとしている。

その他関連ニュース

  • エプソン,スマホ用スマートグラスを発売 2019年05月24日
  • キヤノン,露光装置で経団連会長賞を受賞 2019年05月24日
  • ポラテクノ,薄型・高耐熱のインセル用偏光子を開発 2019年05月09日
  • 高分子フィルム,2022年にディスプレーで需要増加 2019年05月08日
  • 山梨大ら,水溶性高分子で伝導度1000S/cmを達成 2019年04月17日
  • 2027年,マイクロLEDディスプレー市場は1083万台 2019年04月10日
  • JOLED,有機ELディスプレーの後工程構築開始 2019年04月09日
  • 2018年TV世界出荷数,W杯で2億2100万台に 2019年04月01日