ニコン,VelodyneとLiDARセンサーの生産契約を締結

ニコンは,自動運転の基盤技術であるLiDARセンサーの開発・製造企業である,米Velodyne Lidar,Inc.(Velodyne)と受託生産契約を締結したと発表した(ニュースリリース)。

同社はVelodyneに対し,US$25Mの出資を昨年実施している。以降,同社の光学技術および精密技術と,VelodyneのLiDARセンサー技術の融合を目指し,両社は,技術開発および製造での協業を含めた検討を行なってきたという。

今回の契約により,同社の子会社である仙台ニコンが,Velodyne向けのLiDARセンサーの量産を今下期から開始する予定。今回の受託生産契約の締結は協業の第1弾であり,今後,幅広い多角的なビジネスアライアンスの検討を継続していくとしている。

その他関連ニュース

  • ZMP,128レイヤーの3D-LiDARを販売 2020年05月08日
  • 北陽電機,耐環境性と検出性能向上のLiDAR発売 2020年04月06日
  • JAEA,3次元放射線測定システム車を開発 2020年03月30日
  • 日本アビオら,感染症向け発熱検知製品の開発開始 2020年03月25日
  • 2030年車載電装システム市場,48兆9,120億円に 2020年03月17日
  • 三菱,MEMS式車載LiDARを開発 2020年03月13日
  • マクニカ,メカレスLiDARの販売開始 2020年03月12日
  • XTIA,4社と資本業務提携し17億円を調達 2020年02月21日