アルプスアルパイン,ミラー付レンズアレイを開発

アルプスアルパインは,データセンター等の光ネットワークに使われる光トランシーバ向けにミラー付レンズアレイ「FLHL2シリーズ」を開発,2019年8月より量産を開始する(ニュースリリース)。サンプル価格は3,000円。

近年,IoTやAIの活用により世界のトラフィック量は増加し,今後も5Gの導入などによって更に増大していくことが予想される。データセンター等で使用される光トランシーバにもより高速,高密度化が要求され,それに伴い部品にも更なる小型,高密度実装化が求められている。

こうしたニーズに応え,同社は,光トランシーバの受信機用に集光レンズとミラーを一体化したレンズアレイを開発。従来は,受光素子に光を伝搬する際にレンズとミラーをそれぞれ配置しなければならなかったところ,これらを一体化したことで部品点数の削減,光学長の短縮を可能とし,光トランシーバ全体の小型化に貢献している。

また,部品点数を減らすことによって,トランシーバの組み立て⼯数の削減,コスト低減にもつながるという。

レンズ間ピッチは0.75mmで,既存の光トランシーバに合わせて設計しているが,将来的にはIoTの普及,5Gサービスの導入による市場の小型化,マルチチャンネル化ニーズに合わせ,0.5mm,0,25mmの開発も視野に入れているとしている。

この製品の主な特長は以下の通り。
・集光レンズとミラーを一体化したレンズアレイで光トランシーバの小型化と製造工程の削減に貢献
・光損失が少なく,長年に渡り実績のあるガラスレンズ
・鉛フリーガラス採用(RoHS対応)

その他関連ニュース

  • 東工大,究極の対物レンズの設計に成功 2019年07月17日
  • プロリンクス,ビーム整形一体型素子を発売 2019年07月16日
  • 精工技研ら,5G向け光電界センサーを開発 2019年07月10日
  • NEDOら,超小型4波長多重光受信チップを開発 2019年07月08日
  • レーザーとイメージング技術で隠れた障害物を可視化 – 「非視線方向イメージング」 2019年06月17日
  • NTT,241GHzの広帯域増幅器ICを実現 2019年06月03日
  • AGCら,5G端末向けガラスアンテナを開発 2019年05月29日
  • NTT,シャノン限界を達成する通信路符号を実現 2019年05月29日