SEMI,シリコン再生ウエハー市場が2年連続高成長と発表

SEMIは,2018年シリコン再生ウエハーレポートで,2018年のシリコン再生ウエハー市場が過去最高量のウエハーを再生した結果,前年比19%増の6億300万ドルとなり,2017年の前年比18%増の5億1,000万ドルに続き,2年連続で高成長を記録したことを明らかにした(ニュースリリース)。

これによると,2021年には6億3,300万ドルとなると予測する。再生シリコンウエハー市場は2007年のピーク時には,7億300万ドルを記録している。

地域別では,大口径(200mmおよび300mm)ウエハーの再生能力の多くを保有する日本のサプライヤーが引き続き最大のシェアを占めている。ただし,2018年の日本企業の大口径ウエハーの再生能力シェアは前年から2%減少し,53%となっている。

アジア太平洋地域のサプライヤーの大口径ウエハー再生能力シェアは,2017年の30%から31%に増加した。欧州・北米のサプライヤーの大口径ウエハー再生能力は16%の水準を維持している。世界全体では,大口径ウエハーの再生能力は3%増加したという。

SEMIは現在22のシリコン再生ウェーハサプライヤーをトラックしており,内訳は日本が9,アジア太平洋は7,北米・欧州は6となっている。

その他関連ニュース

  • シリコンウエハー出荷面積,4四半期連続で減少 2019年11月18日
  • ワイドギャップ半導体単結晶市場,100億円に 2019年10月30日
  • MEMS/センサーの生産能力,2023年までに25%成長 2019年10月30日
  • 変革が求められる韓国パネルメーカーの戦略とは 2019年10月29日
  • QDシート用フィルム出荷,2022年は3,200万㎡ 2019年10月15日
  • 2023年車載ディスプレー出荷数,2億198万枚 2019年10月08日
  • 2022年シリコンウエハ出荷面積,過去最高に 2019年10月01日
  • 2040年,自動運転システム搭載率は29.4%に 2019年09月18日