DNP,明所でも鮮明な透明スクリーンを開発

大日本印刷(DNP)は,明るい空間でもクリアな映像が表示でき,ARの演出も可能な透明スクリーンの新製品「Smart Display Window」を開発した(ニュースリリース)。

近年,空間演出やバーチャルキャラクター等で透明スクリーンのニーズは高まりつつある。しかし,透明スクリーンだけでは,背景が明るい場合はスクリーンの画像と背景が重なってしまい充分な画質が得られないという課題があった。

このような課題に対し,同社は,高透明で高輝度な同社の透明スクリーンに,遮光と透明のレンジの広い同社の調光フィルムを組み合わせることで,明るい背景でもクリアな画像が表示でき,透明性を活かして背景と重ね合わせることでAR演出が可能な製品を開発した。

この製品は,明るい背景でもクリアな映像表示が可能。また,電気で駆動する調光フィルムは,電源のオン/オフで瞬時に光の透過度合いを切り替えることができる。光を透過させる場合は,スクリーンの背景にある景色が見えるが,遮光に切り替えた場合は,背景が見えなくなり,スクリーンに投影する映像がくっきりと見えるようになる。

こうした機能を活かすことで,背景として見える実際の空間と,CGや説明用のテキスト,動画や静止画などを組み合わせて,ARの演出を施したさまざまなコンテンツを表示することができるという。

また,ニーズにあわせて,複数の透明スクリーンをタイル状につなぎ合わせる「タイリング」を行ない,大型化することもできる。今後同社は,プロジェクターメーカーとの協業などによって,今回開発した製品を販売していく予定としている。

その他関連ニュース

  • エプソン,スマホ用スマートグラスを発売 2019年05月24日
  • エプソン,レーザーホームプロジェクターを発売 2019年05月24日
  • 東北大,光ナノインプリントで液晶の分子配列を均一化 2019年05月22日
  • ウシオ,CNF透明シート上へ微細パターニングに成功 2019年05月21日
  • AGC,窓ガラスに透明ディスプレーを組込む技術を開発 2019年05月17日
  • コーニング,AR用300mm高屈折率ガラスウエハーを発表 2019年05月15日
  • ソニー,光学系を改良したレーザープロジェクター発売 2019年04月22日
  • 東大,透明化で腎臓内部の3次元構造を可視化 2019年04月11日