日板,米企業と太陽光発電窓ガラスを開発へ

日本板硝子は,子会社を通じて透明な太陽光発電技術を扱う米ユビキタスエナジーと,同社の透明な太陽光コーティングである「ClearView PoweTM」技術による太陽光発電が可能な建築用窓ガラスの共同開発に合意した(ニュースリリース)。

ClearView Powerは,可視光を透過しながら,非可視光(紫外線と赤外線)を選択的に吸収し,視界を遮らずに周囲の光を電気に変換する。標準的なガラス製造過程で建築用窓にそのまま使用することができ,建物一体型太陽光発電(BIPV)による再生可能エネルギーの創出を可能とする。

さらに,この製品は赤外線太陽熱を遮断し,建物のエネルギー効率を上げることで,ゼロエネルギー建物の実現に寄与するという。同社は,進行中の研究開発と技術サポートにより共同開発に参画している。

その他関連ニュース

  • 東大ら,ガラス形成物質の遅いダイナミクスに新知見 2019年12月11日
  • 金沢大,有機薄膜太陽電池品質の劣化プロセス解明 2019年12月09日
  • 三菱電機,太陽光発電システムの製造を終了 2019年12月03日
  • 基生研ら,藻類の光化学系IIの構造を決定 2019年11月27日
  • 電気硝子,3Dプリンター用ペーストを開発 2019年11月25日
  • OISTら,ペロブスカイトの欠陥に新たな知見 2019年11月25日
  • 資生堂ら,顔からの微弱光で酸化ストレスを観測 2019年11月22日
  • 富士フイルム,微量紫外線の肌乾燥の仕組み解明 2019年11月21日