小糸製作所,ヘッドランプに独LiDAR搭載を検討

小糸製作所は,LiDAR技術の開発企業の独Blickfeld GmbH(Blickfeld)と共同で,小型LiDARのサンプルを試作し,ヘッドランプに搭載するための検討を開始した(ニュースリリース)。

Blickfeldの3次元ソリッドステートLiDARは,コア技術としてシリコンMEMSミラーを採用,コンパクト化を実現することにより,自動車照明器内部への搭載を容易としている。これにより車両のデザインに影響を与えることなく,リアルタイム3次元マッピング,物体検知のほか,物体認識や追跡も可能となるという。

同社の自動車照明器技術とLiDAR技術を組み合わせることにより,自動車メーカーは高性能なLiDARをひとつの統合部品として車両に搭載することが可能となり,先進運転支援システム(ADAS)や自動運転システムでの採用が期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • パナ,AR-HUDと無人駐車システムを開発 2019年10月11日
  • 三菱,センサー搭載の自動車キャビン開発 2019年10月09日
  • 光響,モバイル3Dレーザースキャナーを発売 2019年10月09日
  • 2023年車載ディスプレー出荷数,2億198万枚 2019年10月08日
  • トプコン,LiDAR搭載の測量機器を発売 2019年10月03日
  • パイオニア,自動運転関連の新会社を設立 2019年10月01日
  • 東陽テクニカ,視野角を広げた新型LiDARを発売 2019年09月26日
  • パナの小型HUD,新型スカイラインに採用 2019年09月26日