ウシオ電機ら,密閉式人工光育苗装置を共同開発

ウシオ電機は,ベルグアースと植物育成分野における共同研究開発の契約を5月17日に締結した(ニュースリリース)。

今回の共同研究開発では,ウシオが持つ多彩な光源技術や装置化技術を植物育成分野に応用し,ベルグアースが持つ育苗生産・育成ノウハウと融合させることで「密閉式人工光育苗装置」の開発,さらには育苗に利用する補光用照明の照明方法の開発,およびこれら装置を用いた育苗レシピの開発を行なう。

なお,将来的にはこの共同研究開発を通してこれら商品化し,特に普及が進んでいない中国を中心としたアジア地域への展開を目指すとしている。ベルグアースは,2001年に山口園芸から研究開発部門・企画部門・販売部門を分社化し設立。野菜苗生産販売を中心としたアグリビジネス企業。本社は愛媛県。

その他関連ニュース

  • DNP,植物工場用フレキシブルLED照明シートを発売 2018年12月11日
  • 2020年次世代植物工場市場,2017年比4.6倍の165億円超に 2018年11月01日
  • 日亜と蘭Qwestland,植物育成用LEDで協力 2018年11月01日
  • 徳島文理大,トマト収量を2倍にするLEDライトを開発 2018年10月26日
  • 2022年度国内植物工場市場,277億円に 2018年10月25日
  • NTT西ら,植物工場のAI・IoTで共同実験を開始 2018年10月16日
  • 横市大ら,野外環境における植物の開花メカニズムを解明 2018年09月25日
  • 九大ら,陸上植物が特定のクロロフィルを利用する理由を解明 2018年07月11日