キヤノン,露光装置で経団連会長賞を受賞

キヤノンは,発明協会が主催する令和元年度全国発明表彰において,「位置合わせ速度と精度を両立させたディスプレイ用露光装置の発明」で,「日本経済団体連合会会長賞」を受賞した(ニュースリリース)。

全国発明表彰は,日本の科学技術の向上と産業の発展に寄与することを目的に,公益社団法人発明協会が,多大な功績をあげた発明を表彰するもの。今回の発明は,高精細有機ELディスプレーの生産に用いられ,ハイエンドスマートフォンの急速な普及に大きく貢献しているとする。

この発明は,ディスプレー用露光装置において,原版と基板との位置合わせ速度の向上と,基板上の既存パターンに対する次工程パターンの重ね合わせ精度の向上を両立させたもの。高精細ディスプレーの製造には,基板上のパターンに対して原版のパターンを変形投影し,これらのパターンを正確に重ね合わせる必要があり,特に,パターンの歪みを高速かつ高精度に計測することが求められる。

また,従来のアライメントスコープに加えて,投影光学系を介さずに歪み計測を行なうオフアクシスアライメントスコープを導入し,これらを併用することで,高速かつ高精度な歪み計測を実現したという。

受賞および受賞者は以下の通り。

日本経済団体連合会会長賞 長野 浩平氏 (キヤノン 光学機器事業本部 室長)
日本経済団体連合会会長賞 八木 規行氏 (キヤノン 光学機器事業本部 室長)
日本経済団体連合会会長賞 大手 啓介氏 (キヤノン 光学機器事業本部 主任研究員)
発明実施功績賞 御手洗 冨士夫氏 (キヤノン 代表取締役会長CEO)

なお,発明実施功績賞は「日本経済団体連合会会長賞」などの特別賞を受賞する法人の代表者に贈呈される。

その他関連ニュース

  • 折畳みスマホ用フィルム市場,2019年は130,000㎡ 2019年08月09日
  • 九大,従来よりも10倍厚い有機ELを開発 2019年07月30日
  • 2018年AMOLEDパネル世界市場,前年比2桁成長へ 2019年07月17日
  • 関学ら,超高色純度の青色OLED材料を開発 2019年07月17日
  • HOYAの暗所視支援眼鏡,福祉用具の給付対象に 2019年07月09日
  • 日本触媒,有機EL討論会「第12回業績賞」を受賞 2019年06月14日
  • 住友電工,IEC活動推進会議議長賞を受賞 2019年06月13日
  • 理研,有機ELの新たな発光機構を発見 2019年06月06日