東大,光触媒でアルツハイマー物質を酸素化

東京大学の研究グループは,高活性を有する新たな光酸素化触媒を開発し,光酸素化によるタウ凝集抑制効果を明らかにした(ニュースリリース)。

アルツハイマー病(AD)の特徴的な病理学的所見の1つに,タウタンパク質が凝集し異常なアミロイドを形成して細胞内に蓄積する神経原線維変化が挙げられる。このタウアミロイドの形成・蓄積とその病理の広がりが,ADにおける認知機能低下と相関することから,その阻害がAD治療戦略の1つと考えられている。しかし,未だAD根本治療法開発には至っていない。

これまで研究グループでは,アミロイドに対する酸素原子付加によってアミロイド形成を阻害する戦略を考案し,光刺激により酸素化反応を誘導する光酸素化触媒を開発してきた。

今回,より酸素化活性の高い新規触媒の開発に成功し,in vitro(各種の実験条件が人為的にコントロールされた環境)においてタウアミロイドの選択的な酸素化が可能であることを明らかにした。

さらに培養細胞において,酸素化によりタウアミロイド形成誘導能が減少することを明らかにし,タウアミロイドの病理形成の広がりをも阻害できる可能性が示唆されたという。研究グループは,今回の研究成果は,光酸素化触媒を用いたADに対する新規根本治療戦略の提示に繋がることが期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 東工大ら,光触媒中の電子と分子の観察に成功 2019年08月29日
  • 理科大ら,レーザーでアミロイド線維の分解を確認 2019年08月27日
  • 千葉大,タンパク質の分解量を蛍光で簡便解析 2019年08月26日
  • 東工大,ヒストン修飾の生細胞でカラー計測 2019年07月30日
  • 理研ら,昆虫細胞で強力に働く遺伝子スイッチを発見 2019年07月29日
  • 東北大,光刺激で上皮細胞のつなぎ替えを可視化 2019年07月26日
  • 名大ら,植物の気孔が日の長さを記憶すると発見 2019年07月24日
  • 理研,レーザー共焦点顕微鏡でタンパク質輸送に知見 2019年07月12日