AGCら,5G端末向けガラスアンテナを開発

AGC,NTTドコモ,エリクソン・ジャパンは,自動車や鉄道などの車室内や建物内での安定した第5世代移動通信方式(5G)による高速通信実現に向け,28GHz帯の電波送受信が可能な「ガラス一体型5Gアンテナ」で,5G通信に成功した(ニュースリリース)。

28GHz帯の周波数は,これまで第4世代移動通信方式(LTE)などで利用していた周波数帯よりも直進性が強く,車室や建物内で通信するときには電波が弱まってしまう傾向がある。

そこで電波が弱まる前に,車室や建物のガラス面に貼り付けられたこのアンテナで電波を送受信することで,安定した5G高速通信が可能になるとする。このアンテナは透明性が高く,建物や車両などに設置しても視野をさえぎらず,また景観を損なうことがないため,車両や建物などへの設置が可能だという。

今回,時速約30kmで走行中の実験用車両の窓ガラスにこのアンテナを貼り付け,車内での5G通信速度を検証する実証実験を行なった。その結果,400MHzの帯域幅で下り最大3.8Gb/s,基地局から半径約100mのエリアにおいて平均1.3Gb/sの5G通信に世界で初めて成功した。

今後も3社は,このアンテナを複数束ねてデータの送受信を行なうMassive MIMO対応によるさらなる通信速度の向上だけでなく,基地局の設置が困難な場所や,一時的な5Gの需要があるような環境において,このアンテナの活用による5Gのエリア拡充や用途の拡大などの取り組みを進めるとしている。

その他関連ニュース

  • 九大,複雑形状シリカガラスを3Dプリント 2019年10月16日
  • 電気硝子,高屈折率・透過率ガラスを開発 2019年10月10日
  • NICT,1Pb/sの光パススイッチングに成功 2019年10月09日
  • 香川大,空間多重光信号を経済的に転送 2019年10月07日
  • シャープ,5Gで新幹線へ8K映像を伝送 2019年09月30日
  • 凸版,遠隔体験ウェアラブルデバイスを開発 2019年09月27日
  • NEDOら,シリフォトで16多重小型光回路を開発 2019年09月24日
  • 古河電工,デジコヒ向け超小型狭線幅ITLAを開発 2019年09月20日