トリナ・ソーラー,c-Si太陽電池で変換効率24.58%

トリナ・ソーラーは,2019年5月28日,高効率のN型単結晶シリコン(c-Si)i-TOPCon(Tunnel Oxide Passivated Contact:量産型)太陽電池セルで,変換効率24.58%という世界記録を樹立したことを発表した(ニュースリリース)。

今回,世界記録を達成した両面発電型セルは,244.62cm2の大型サイズのウエハーに,表面にボロンエミッタと裏面にパッシベーション膜を用いた高度なi-TOPCon技術を用いて,低コストな量産プロセスで製造された。

両面発電型セルは,表側の変換効率が24.58%を達成した。この結果は,ドイツの独立認定機関「ISFH CalTeC」によって確認されたとしている。

その他関連ニュース

  • 京大,負の屈折率温度係数を持つ材料を発見 2019年07月23日
  • 東芝,AIで高精度に太陽光発電量を予測 2019年07月17日
  • NEDOら,太陽光発電の設置ガイドラインを公開 2019年07月09日
  • 東大,ペロブスカイト太陽電池で変換効率20.7% 2019年07月08日
  • NEDOら,太陽電池搭載車の公道走行実証開始 2019年07月04日
  • 金工大ら,災害時用太陽光発電・給湯ユニットを開発 2019年06月26日
  • MHIET,太陽光など使う自立給電システムを開発  2019年06月25日
  • 東大ら,ナノチューブに光起電力効果を発見 2019年06月20日