市光工業,厚木に自動車用ランプ工場を竣工

市光工業は,厚木製造所の工事完了に伴い,6月3日に竣工式を行なった(ニュースリリース)。

新工場は近接する伊勢原製造所の生産を徐々に移管していく目的で新設し,昨年2月から建設工事を開始していた。

新工場では,親会社・仏ヴァレオの革新的な生産コンセプトに基づくリーン生産方式を採用し,協働ロボット,無人搬送車(AGV),自動倉庫管理などの自動化も取り入れ,これにより,競争力・品質向上を実現する。また,この工場は顧客からの全新規プロジェクトの生産が可能となる規模を備え,中期経営計画に沿った事業成長を実現するという。

新工場はヘッドランプなど自動車用ランプの生産を2019年7月に開始するとしている。

その他関連ニュース

  • ソニーら,窓の無いエンタメ車両サービス開始 2019年10月21日
  • 日立,軌道を正確に追従走行する技術を開発 2019年10月16日
  • 産総研ら,赤外域スマートウィンドウ材を高速合成 2019年10月16日
  • 日立,危険予知する自動運転技術を開発 2019年10月16日
  • パナ,AR-HUDと無人駐車システムを開発 2019年10月11日
  • 日本精機,HUD事業の開発拠点を拡張 2019年10月10日
  • 三菱,センサー搭載の自動車キャビン開発 2019年10月09日
  • 2023年車載ディスプレー出荷数,2億198万枚 2019年10月08日