市光工業,厚木に自動車用ランプ工場を竣工

市光工業は,厚木製造所の工事完了に伴い,6月3日に竣工式を行なった(ニュースリリース)。

新工場は近接する伊勢原製造所の生産を徐々に移管していく目的で新設し,昨年2月から建設工事を開始していた。

新工場では,親会社・仏ヴァレオの革新的な生産コンセプトに基づくリーン生産方式を採用し,協働ロボット,無人搬送車(AGV),自動倉庫管理などの自動化も取り入れ,これにより,競争力・品質向上を実現する。また,この工場は顧客からの全新規プロジェクトの生産が可能となる規模を備え,中期経営計画に沿った事業成長を実現するという。

新工場はヘッドランプなど自動車用ランプの生産を2019年7月に開始するとしている。

その他関連ニュース

  • 2030年車載電装システム市場,48兆9,120億円に 2020年03月17日
  • 日板の調光ガラス,LEXUSに採用 2020年02月25日
  • 林テレンプ,⾃動⾞内装用レーザー照明を開発 2020年02月18日
  • OSSら,リアルタイム運転技能診断システムを開発 2020年02月13日
  • 昭和電工,上海に半導体用高純度ガス工場を建設 2020年01月09日
  • ソニー,自社センサーによる自動運転車を試作 2020年01月07日
  • ボッシュ,透明LCDの車載サンバイザー開発 2020年01月07日
  • 日立,3倍広角の車載ステレオカメラ開発 2019年12月27日