ソニーと東工大,共同研究講座を設置

ソニーと東京工業大学は,安全・安心で持続可能な社会に貢献する次世代デバイス・材料技術領域における研究開発の促進と人材の育成・強化を目的して,共同研究講座「次世代デバイス技術共同研究講座」を東京工業大学において2019年6月1日より設置した(ニュースリリース)。

この講座では,共同研究を行なうとともに,大学院学生を対象とした最先端の技術教育科目「ナノデバイス材料解析・プラズマ加工特論」を開講する。講座の詳細は以下の通り。

・講座内容:安全・安心で持続可能な社会に貢献する次世代デバイス・材料技術に関する研究
     大学院学生を対象にした最先端技術科目「ナノデバイス材料解析・プラズマ加工特論」の開講
・設置期間:2019年6月1日~2021年5月31日
・開講科目担当教員
 教授:若林整氏
 特任教授:冨谷茂隆氏
 特任教授:辰巳哲也氏
 准教授:河野行雄氏
・設置先部局等:国立大学法人東京工業大学地球インクルーシブセンシング研究機構

その他関連ニュース

  • キヤノンと京大,自己由来iPS細胞の共同研究を開始 2019年08月01日
  • AGCと東工大,連携により協働研究拠点を設置 2019年06月25日
  • 日亜,東大に「光量子情報処理学」講座を設置 2019年03月12日
  • NIMSとパナ,先端材料研究センターを設立 2016年11月25日